2018フォートワース観戦 前日編

今年はなんと最終戦フォートワースにも、観戦しに行ってしまいました!

毎年幕張&浦安には通っていましたが、海外での観戦は初

さて、どんな観戦になったのか、お伝えしたいと思います

 

まずは2018年11月16日(金)

テキサス・モーター・スピードウェイに来ました!!!

浦安ですと選手とのふれあいが可能でしたが、ここでは全部がサーキットの中

これではふれあいはほぼ不可能だと思い、周辺がどうなっているのかだけ見て回わることにしました

 

上の写真では、バーティカルターンのパイロンが見えています

コース図や映像からもわかるように、バーティカルターンと水平ターンはサーキットの外

そのため

このように立ち入り禁止エリアが設定されています

まぁ仕方ないことだよね

 

この場所は地図で見るとだいたい赤丸のあたり

ここからだとバーティカルターンや、離陸着陸などがアップで見えます

200mm望遠(35mm換算320mm)でこのぐらいに見えます

しっかり見えるでしょ?

 

立ち入り禁止エリアは設けられていますが、テキサス・モーター・スピードウェイの敷地中だけで飛行エリアが収まるわけではありません

青で囲ったエリアにはファストフードのお店などがあるのですが、ここの真上を普通に飛んでいくんですよ

食事してても、常に飛行機のエンジン音が聞こえるので、ファンにはたまらないかもしれません

 

赤丸の位置からのパノラマ風景

バーティカルターンのパイロンの左には観客席、右側には今回のスカイラウンジのあるホテルがあります

このホテルはメディアセンターにも使っていたようです

右側にちらりと見えるパイロンは、こんなミニチュアが

これ、いいよねぇ

なんで日本に無かったんだろ、知らないだけであったのかな?

 

こちらのホテルのすぐ脇には、競技とは別のパイロンも立てられていました

スカイラウンジ用のパイロン見学ツアーに使われるものかな?

 

スピードウェイの南側は、これ以上移動できなさそうなので、東側に移動してみました

こちらの写真の黄丸地点ですね

こちらは野球場で言えばバックネット裏(ですので本サイトでは “バックネット裏” と記述します)の場所

放送等では大きなモニタがあったかと思いますが、その真裏です

 

黄丸地点からはこのように見えてます

こちらの動画のほうがわかりやすいかな?

 

バックネット裏は、ちょうど GATE10 という観客席の入り口になってます

今回は使われていませんけどね

 

こちらのGATE10からは中の様子が覗けるのです

パイロンのやや上部と同じ目線ですので、シケインなどをすり抜ける飛行機が丸見え

飛行機がボケボケなのは、あまりに視野がせまいので流し撮り無理です^^;

思いっきり手前にピントが合ってます

これ以上は私の腕じゃ撮影は無理!って諦めました

 

バックネット裏の右側には、先程の同じように立ち入り禁止区域が設定されています

とはいっても、ちっちゃいパイロンが点々と置かれているだけで区切られています

そのパイロンがこちら

これで成立しちゃうのだから、民度が高いというか、すばらしいよね

ここより中に入ろうとすると、警備のおじさんに、やさ〜しく注意されます

 

 

 

 

 

で、立ち入り禁止区域があるということは、つまり眼の前を飛行機が飛ぶ、ということ!

 

 

 

 

なんと!シングルパイロンへのアプローチがバッチリです!

これでも200mm望遠(35mm換算320mm)の距離

まさに目の前での水平ターンです!

 

一連のターン連続撮影も迫力満点!

まさにベストポジションだと思います

 

もちろんバーティカルターンもよく見えます

まぁ飛行機自体の大きさは小さいですが、ターンの迫力はよくわかります

 

こっちもバーティカルターンですが、ズームが異なります

焦点距離400mm(35mm換算640mm)

 

ここで見ていると、選手ごとにターンのアプローチの違いが見られて面白いです

(12機しか無いのは、フランソワ・ル・ボット選手がバーティカルターンで Over G 一発アウトで水平ターンをしなかったのと、ペトル・コプシュタイン選手の写真は上手に撮れなかったから)

焦点距離400mm(35mm換算640mm)

 

高さを出す人出さない人、鋭角に入るか鈍角に入るか、どのぐらいで水平に戻すか

バーティカルターンだと、空に目標物がないので比較しにくいんですよ

高さとか弧の大きさとかがわかりにくいので、 選手間の差が即座に認識できません

ところがこちらは、目標物(パイロンや建物)が近いのでとても認識しやすい

飛行スタイルのがわかるのは、こちらでみるのが一番かも

土日に見てて注意されるかどうかはわからないですけね

 

FP1を現場で見ていて、公式記録にはおそらく載ってない情報をひとつ

マット・ホール選手はコースに入る前から挙動がおかしく、コースに入りませんでした

そのままコントロールタワーの前を、主翼を何度か振りながら通過していくだけ

なにかトラブルか!と危惧しましたが、マイケル・グーリアン選手のあとしばらくしてから再度コースイン

(帰りかけだったので慌てました)

あとで関係者に確認したら、無線トラブルだったそうです

その後は、同様のトラブルを聞かなかったので、一時的なものだったのでしょう

 

FP1をこの位置&角度で見られたのはとてもラッキーでした!

とりあえず金曜日は下見なのでこれまでです

 

つづいての話はこちらからどうぞ

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


2018第8戦 フォートワース 結果&感想

2018年 Redbull Airrace 第8戦 フォートワースを見ての感想です

 

予選

FPで調子のよかったクリスチャン・ボルトン選手が、いきなり好タイムを出す
今回からウィングチップをつけて、調子が上がってきたよう

続いて今年2018年はまるっきり振るわなかった、マティアス・ドルダラー選手が驚異的なタイムでトップに立つ

ものすごくアグレッシブなコースを狙ったフランソワ・ル・ボット選手、好タイムをたたき出し、その時点で2位につける
おそらく彼史上最高の3位で予選を通過

予選中珍しかったのが、ベン・マーフィー選手
予選2回目、ゴールゲートを1週目でカットし、最後のゴールでコースミスをやらかしDNFに
FP3でもパイロンカット3回&ゴールコースミスという珍しい記録をやらかしているんだけどね

マイケル・グーリアン選手は、FPから調子が悪くタイムが出ていない
予選でも同様にあまり好タイムにならず

結果的にマティアス・ドルダラー選手がTOPタイム
ランキング上位でさえ、破ることができませんでした

 

Round of 14

前日までとはすっかり天気が変わり、曇天の低温で始まった Round of 14
風向きも前日までとはまるっきり逆で、しかも強く、パイロンが揺れる中でのスタート

Heat.1

先に飛ぶピート・マクロード選手
1周目の最後ゴールパイロンにヒットしてしまい万事休す

後に飛ぶマット・ホール選手
安全に飛べば余裕で勝てるので、非常に安全なコースを取ったフライト
安定の勝ち上がりです

Heat.2

先に飛ぶミカエル・ブラジョー選手
少しだけ安全なコースを飛んだように見えたけど、まぁまぁ良いタイムでフィニッシュ
カービー・チャンブリスの結果待ちに

後に飛ぶカービー・チャンブリス選手
地元でどうしても勝ちたいカービー・チャンブリス選手
しかーし0.1秒差で惜敗
ファーステストルーザーでの勝ち上がりを待つ状態に

Heat.3

先に飛ぶマイケル・グーリアン選手
ペナルティを怖がったのか、安全なラインを通ってのフライト
タイムもごく平凡で、この時点では負けると思ってました
エンジンの調子が悪かったらしいけど、この週末通して悪かったよね

後に飛ぶクリスチャン・ボルトン選手
最初からリズムが狂ったそうなクリスチャン・ボルトン選手
3つもペナルティをもらっては勝てるわけがありません
普通に飛んでペナルティなしなら勝てるタイムだったのに、もったいない

Heat.4

先に飛ぶベン・マーフィー選手
昨日までわちゃわちゃだったフライトが、今日は一転安定したフライト
タイムは平凡でしたが、これがよかったのかも

後に飛ぶフランソワ・ル・ボット選手
普通に戦えば勝てるスピードを持っていたのに、パイロンヒットしては元も子もない

Heat.5

先に飛ぶペトル・コプシュタイン選手
風に流されたのか、狙いすぎか、ゴールパイロンをヒットしてしまう
これではあまり期待できないですよね

後に飛ぶ室屋義秀選手
解説のポール・ボノム選手も言っていたけど、スーパー&スーパー安全なコースを取り、ミスをしないようにするフライト
何も問題なく勝ち上がり

Heat.6

先に飛ぶニコラ・イワノフ選手
気合が入りすぎか、スピードオーバーのペナルティ
それ以外は無難なフライト

後に飛ぶマルティン・ソンカ選手
安定に飛んでいるかと思いきや、そこまでのベストタイムを出す余裕?
パーフェクトなフライトで余裕の勝利でした

Heat.7

先に飛ぶファン・ベラルデ選手
あまり書くことがない安定したフライト
しかしタイムはそれほど良いわけでも、悪いわけでもない
極々平凡なフライトですた

後に飛ぶマティアス・ドルダラー選手
トップタイムあるんだから、落ち着いて飛べばいいのに、バーティカルの直後にToo Low取られてしまう痛恨のミス
そこでリズムが崩れたのか、パイロンカットも引き起こし万事休す

ピート・マクロード v.s. マット・ホール○
カエル・ブラジョー○ v.s. カービー・チャンブリス
マイケル・グーリアン○ v.s. クリスチャン・ボルトン
ベン・マーフィー○ v.s. フランソワ・ル・ボット
ペトル・コプシュタイン v.s. 室屋義秀○
ニコラ・イワノフ v.s. マルティン・ソンカ○
ファン・ベラルデ○ v.s. マティアス・ドルダラー

 

Round of 8

Heat.8

先に飛ぶ室屋義秀選手
安定したフライトを目指した様子
これまで(この日)のTrackレコードで納得のいくフライトができたよう、タイムを聞いて喜んでましたね

後に飛ぶカービー・チャンブリス選手
今回のカービー・チャンブリス選手は上下動が少なく安定してましたね
それがそのまま速さにつながっていたと思います
そのおかげでFinal 4進出

Heat.9

先に飛ぶベン・マーフィー選手
この風の中安定したフライト
Gate7がアグレッシブな分、タイムにつながっている模様

後に飛ぶミカエル・ブラジョー選手
最初のスプリットから徐々に遅れ、多少巻き返しましたが、追い付くまでにいたらず
少々フライトが荒かったかな

Heat.10

先に飛ぶマット・ホール選手
インコレクトレベルぎりぎりでタイムを削り、納得のタイムをたたき出す
とはいえ、カービー・チャンブリス選手とベン・マーフィー選手の間なので、そんなに良いタイムではないと思うのだけどな

後に飛ぶファン・ベラルデ選手
今回多くがインコレクトレベルするGate 7でミス
それがなくても追いつくタイムではなかったけど、相手が悪かったかな

Heat.11

今年のチャンピオンを占う重要なHeatとなったHeat11

先に飛ぶマイケル・グーリアン選手
エンジンの問題を克服できたのかが課題でしたが、インコレクトレベルを出してはダメ
ペナルティがなかったとしても55秒台は遅すぎ
エンジン直らなかったのでしょう

後に飛ぶマルティン・ソンカ選手
バーティカルターンで11.6Gと、そこまでぎりぎりまで攻めなくても良いだろというほど攻め、余裕の勝利
とはいえ、一発アウトの危険があるフライトをここでやれるのは、相当落ち着いている証拠なんだと思います

 

Final4

1人目、カービー・チャンブリス選手
Round8のタイムが出せれば勝てそうな所だが、、、
ところが一気に2.5秒も遅くなってしまう
飛んでいるときにもスピードが足りない感じがしたけど、エンジンパワーを上手に出せなかったのか?

2人目、ベン・マーフィー選手
今季2度目のFinal 4
バーティカルターンで2回ともストールしたような変な動きをしてました
カービー・チャンブリス選手に先行してても、これではタイムを失い、最終的には遅れてしまう
2回ともとは何があったんでしょうね

3人目、マット・ホール選手
ポール・ボノムさん曰く教科書のようなフライトで、53秒1はマット・ホール選手自身の本日最速タイム
本人納得のタイムのようでした

4人目、マルティン・ソンカ選手
なんとここで52秒台という最速タイムを出せるなんて!
素晴らしい教科書のようなフライト!
バーティカルターンも11.7Gを記録し、Round8よりもぎりぎりのフライト
マット・ホール選手も11.6Gとぎりぎりだったのに、それを上回ったマルティン・ソンカ選手が優勝&年間チャンピオン!

 

順位はこうなります
1位 マルティン・ソンカ選手
2位 マット・ホール選手
3位 カービー・チャンブリス選手
4位 ベン・マーフィー選手

 

さて、これで2018年の最終ポイントランキングはこうなります

1位  マルティン・ソンカ  80
2位  マット・ホール  75
3位  マイケル・グーリアン  73
4位  ミカエル・ブラジョー  41
5位  室屋義秀  40
6位  カービー・チャンブリス  34
7位  ベン・マーフィー  29
8位  ピート・マクロード  27
9位  ファン・ベラルデ  24
10位  ニコラ・イワノフ  22
11位  フランソワ・ル・ボット  22
12位  マティアス・ドルダラー  17
13位  ペトル・コプシュタイン  16
14位  クリスチャン・ボルトン  12

 

昨年2017年は4人での争いでしたが、実質の戦いは2人

それに対し、今年2018年は3人での争いが激しかった

やはり鍵となったのはRound of 8のマイケル・グーリアン選手とマルティン・ソンカ選手の直接対決かもしれません

ここで勝ったマルティン・ソンカ選手が、そのままの勢いで優勝&チャンピオンに輝いたのだと思います

マイケル・グーリアン選手は、フォートワース大会を通じてエンジンの調子が悪かったのが残念です
FPの時からずっと調子悪そうでしたから

マット・ホール選手はこれでシルバータイトル3つ目
最初の2回は対ポール・ボノム選手
機体を変えて、確実に成長し強くなっての2位は、価値が少し違うのだと思います
来年は周りからみて、相当怖い存在だと思います

 

2018年チャンピオン マルティン・ソンカ選手、本当におめでとうございます!

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


マット・ホール選手のインスタグラムより

マット・ホール選手のインスタグラムで、ファンからの質問受付をやってました

その答えを見ていて、気になったものを挙げると

  • 飛行機の主翼の迎え角は、Edge 1.5 度、MXS-R 0 度
    • 同じ競技でも飛行機のコンセプトで違うんですね
  • 飛行機は 220 キロノットで 2.5 時間飛べる
  • 来年、オーストラリアでのレースは unlikely つまり開催の可能性は低そう
  • 今度いつポルトガルに来るの?との問に、Hopefully Soon
    • もしかして 2019 年の開催があるのかな??

ポルトガル戦の復帰は、あの美しい景色が見られると思うと、いまから楽しみです

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


2018年 第8戦 フォートワース 放送決定!

今年も最終戦まであと一週間と迫りました

第8戦の日本での放送は、以下のように決まりました

残念ながら、今回も生放送ではありません

11月25日(日)午後1時~11時50分、午後2時~2時50分

NHK BS1 での放送です

 


2018年 チャンピオンの条件

残り1戦となったレッドブルエアレース

チャンピオンの可能性があるのは、マイケル・グーリアン選手(現在70ポイント)、マルティン・ソンカ選手(同65ポイント)、マット・ホール選手(同63ポイント)

それぞれ、どういった条件でチャンピオンになれるのか?

 

まずはマイケル・グーリアン選手

最終戦優勝 or 2位 で無条件にチャンピオン
3位の場合、マルティン・ソンカ選手が優勝以外
4位の場合、マルティン・ソンカ選手が3位以下 and マット・ホール選手が2位以下
5位の場合、マルティン・ソンカ選手が3位以下 and マット・ホール選手が2位以下
6位の場合、マルティン・ソンカ選手が3位以下 and マット・ホール選手が2位以下
7位の場合、マルティン・ソンカ選手が4位以下 and マット・ホール選手が3位以下
8位の場合、マルティン・ソンカ選手が4位以下 and マット・ホール選手が3位以下
(以下略)

 

マルティン・ソンカ選手

最終戦優勝なら、マイケル・グーリアン選手が3位以下
2位なら、マイケル・グーリアン選手が4位以下 and マット・ホール選手が3位以下
3位なら、マイケル・グーリアン選手が7位以下 and マット・ホール選手が4位以下
4位なら、マイケル・グーリアン選手がRound of 14敗退 and マット・ホール選手が3位以下
5位なら、マイケル・グーリアン選手が10位以下 and マット・ホール選手が4位以下
6位なら、マイケル・グーリアン選手が0ポイント and マット・ホール選手が4位以下

 

マット・ホール選手

最終戦優勝なら、マイケル・グーリアン選手が4位以下
2位なら、マイケル・グーリアン選手が7位以下 and マルティン・ソンカ選手が3位以下
3位なら、マイケル・グーリアン選手が10位以下 and マルティン・ソンカ選手が5位以下
4位なら、マイケル・グーリアン選手が0ポイント and マルティン・ソンカ選手が7位以下

ここから考えると、チャンピオンを掴み取るには Final 4 に行くことが最低条件

その上で、相手より上になることが重要ということです

逆に Final 4 に進めないと、可能性はだいぶ低くなりますね

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ