「 ニュース 」一覧

2018年の観客動員数

今年2018年の観客動員数を調べてみました

  • 土曜日:3万人
  • 日曜:4万人

これは少ないですねぇ

会場等は変わっていないので、キャパシティはそれぞれ6万人あるはずです

初年度とかは合計12万人でしたから

 

過去の大会を振り返ると

  • 2015年:12万人
  • 2016年:12万人
  • 2017年:9万人
  • 2018年:7万人

となっています

(2016年の土曜日は天気が悪く、人数少なかったと思うのだけどな)

年を追うごとに人数が減ってきたのは、日本人の飽きっぽさなのか、値段の高さなのか、続けるなら何かテコ入れが必要かもしれませんね

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ

 


今年2018年も行われます、ハンガーウォーク

今年2018年も選手たちに会えるハンガーウォークが行われます!

もちろん場所は浦安総合公園

 

昨年人数が多すぎて時間が伸びたりして大変な事になった!とのことですが、今年はどうコントロールするのか

先着順なら、おそらく1時間〜2時間前から並ぶ必要があるかもね

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


第6戦はオーストリアで開催

なかなか決まらなかった2018年の第6戦

第3戦千葉も目前ですが、突然発表がありました

オーストリア ウィーナー・ノイシュタット での開催です

 

私がエアレースを見始めてから、オーストリアといえばシュピールベルグ Redbulll Ring での開催でした

ところが、今回は ウィーナー・ノイシュタット に決まりました

ウィーナー・ノイシュタットはオーストリアの首都 ウィーン から南南西45kmほどの場所にある街

会場として使用される1909年建造の飛行場は、ヨーロッパ最古・最大の飛行場として知られている。

街の北部に南北2km東西1.7kmの飛行場跡みたいのがあるから、これのことかな?

 

平坦な土地のようだし、どのようなレーストラックになるか

初開催の場所は、いつもワクワクしますね

 

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


国土交通省の認可が通りそうです

先日お伝えした 滑走路が使えない? のニュース

本日5月14日が国土交通省の視察日でした

 

早速、熊谷俊人 千葉市長 と、秋本まさとし 自民党 衆議院議員 国土交通大臣政務官 がツイートしています

 

今日、国土交通政務官からGOサインがでてことで、危ぶまれた開催も、滞りなく行われるものと思います

さすがに、ここまで言い切っちゃって、ひっくり返しはしないでしょう

秋元国土交通政務官が千葉9区(千葉市若葉区、佐倉市、四街道市、八街市)の選出で、微妙に選挙区が違うとは言え、千葉関係者だったのは、不幸中の幸いなのかな?

 

それと、秋元国土交通政務官 Twitter の写真を見ると、滑走路のラインが引かれ始めていますね

護岸の真ん中を一本キレイな白線が貫いています

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


室屋義秀選手 SupperGTでパフォーマンス

昨年2017年8月に行われた、SuperGT での室屋義秀選手のフライトパフォーマンス

今年2018年も同じ8月の SuperGT でフライトパフォーマンスを行うことが決定!

20年近く昔、ツインリンクもてぎで行われたインディカーレースでも、同じようにエアロバティックス フライトが行われ、飛行機ってこんな動きができるのか!?と痺れたことを、いまも鮮明に覚えています

室屋義秀選手にも、ファンが増えるようド派手なパフォーマンスを期待しましょう!

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ