新缶覚レッドブル 当選

すっかり書くのを忘れていました

日本のレッドブルが5月末から、新商品 #新缶覚レッドブル のキャンペーンをやっていました

そのキャンペーンに見事当選していたんです!

 

まぁエアレースのファンであれば、マット・ホール選手の機体でどんなものかは知っていたよね

 

届いたものがこちら

「オーガニクス」の文字が見えますね

 

包装を開けると

なんだかすげー立派な箱

木のようにも見えますが、紙製です

とはいえお金かかっているよね

 

中身は??

左からシンプリーコーラ、ビターレモン、スパイシージンジャーです

本来ならあとトニックがあるはずなんだけどね

 

マット・ホール機の尾翼を見れば、右側の水色のカラーのものがあるのがわかります

これがトニック味

なんで日本で発売しなかった(できなかった)んだろ??

 

まだ飲んでいませんので、味の感想は後日追記します

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


2018年の観客動員数

今年2018年の観客動員数を調べてみました

  • 土曜日:3万人
  • 日曜:4万人

これは少ないですねぇ

会場等は変わっていないので、キャパシティはそれぞれ6万人あるはずです

初年度とかは合計12万人でしたから

 

過去の大会を振り返ると

  • 2015年:12万人
  • 2016年:12万人
  • 2017年:9万人
  • 2018年:7万人

となっています

(2016年の土曜日は天気が悪く、人数少なかったと思うのだけどな)

年を追うごとに人数が減ってきたのは、日本人の飽きっぽさなのか、値段の高さなのか、続けるなら何かテコ入れが必要かもしれませんね

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ

 


ARIGATO CHIBA, WHAT A WEEKEND

RedBull AIRRACE の公式動画で、”ARIGATO CHIBA, WHAT A WEEKEND” というのが上がっています

What a season it’s been so far and as we head to the halfway mark of the Red Bull Air Race World Championship, we take one final look back at the epic scenes from Chiba…

し、知り合いが3人も映ってます

すっかり世界デビューですね

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


選手のサイン on ワッペン

以前、現役選手の全員分のワッペンを購入したことを書きました(この記事

推しだけじゃなく、全員分を購入したのは、これに選手からサインを貰いたかったからなんです

 

その結果は?

室屋義秀選手を除く全員分のサインが集まりました!!!

細かく紹介していきます

 

まずは、クリスチャン・ボルトン選手

非常にフレンドリーなクリスチャン・ボルトン選手

いつ出会っても、ニコニコ対応してくれます

 

マルティン・ソンカ選手

だいぶ顔なじみになったおかげか、いつも丁寧に対応してくれます

 

カービー・チャンブリス選手

時差ボケの寝起きのところでサインをもらったため、非常にシンプル

なんどかサインを書いているところを見ていますが、丁寧に書いているときと、雑なときの差がすごい

今回は雑な部類です

もっと機嫌の良いときにもらわないとだめだね

 

ミカエル・ブラジョー選手

ママチャリが気に入り乗り回していたところを捕まえて、サインしてもらいました

物腰しがとても柔らかく、急いでいても丁寧に対応してくれました

 

フランソワ・ル・ボット選手

なかなかつかまらなくって、サイン会でようやくもらえました

あんまりファンとの交流は苦手なのかもしれません

歩いている姿とかほぼ見なかったし

 

ペトル・コプシュタイン選手

最初、白ペンでお願いしたら色が出なくって、急遽黒で書いてもらったため、非常に見にくくなっています

 

マティアス・ドルダラー選手

常にサービス精神旺盛で、選手の中では一番ファンとの時間を大切にしています

だけど今回あまりサービス精神が少ないな、レースに集中したいのかな?と思いきや、千葉大会終了後のコメントで、体調が悪かったことを告白

そんな中でも、ファンのためにサインや写真に対応してくれるのは感謝・感謝ですね

 

ベン・マーフィー選手

なかなか捕まえることができなかった選手の一人

移動時もママチャリでかっ飛ばしてしまうし、そうでなくても取り付く島がなかなか無い

1年目だからか、ファンとの交流に慣れていないのかも?

 

フアン・ベラルデ選手

好意的にファンとの交流を大事にしてくれます

やっぱり群がるのは女性ファンが多いけどね

 

ニコラス・イワノフ選手

そういや、あまり接触する機会がなかったな

来日するのも遅かったし、帰国するのも早かった

母国での活動が忙しいのでしょうか

 

ピート・マクロード選手

大好物の品川巻きを大量にファンからプレゼントされていました

食べきれないと思ったのか、おすそ分け(?)していたようで、フランソワ・ル・ボット選手もハンガーで食べているところを撮られてました

 

マット・ホール選手

来日は遅いほうでしたね

オーストラリアなら時差がないから、時差ボケもほぼ無いからでしょう

レース前はあまり交流がありませんでしたが、レース後はにこやかに対応していました

 

マイケル・グーリアン選手

決勝のあと、一番遅くまで残って作業を続けていたのが印象的

他はパーティがあるからとそうそうにホテルに帰っていたのに、帰らなくていいの?と心配したほど

パーティとか苦手なタイプなのかな?

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


選手を飾るLEXUS

今年2018年もありました、選手&チーム専用 LEXUS

選手だけでなくチーム全員が乗れる契約になっているそうで、チームメンバーも乗り回している人もちらほら
(チームによっては、契約が異なるかもしれません)

富士山の5合目までドライブしたかと思えば、滑走路脇でフルスロットルにする人まで

そりゃ世にも珍しい LFA とか割り当てられたら、飛ばしたくなるのはモータースポーツに関わる者の性でしょう

 

並んでいる写真の順番に紹介します

 

N0.99 マイケル・グーリアン選手 LEXUS LC 500h

 

No.10 カービー・チャンブリス選手 LEXUS LC 500

 

No.95 マット・ホール選手 LEXUS LC 500h

 

No.24 ベン・マーフィー選手 LEXUS RC 200t

 

No.27 ニコラス・イワノフ選手 LEXUS RC F

 

No.18 ペトル・コプシュタイン選手 LEXUS RC F

 

No.31 室屋義秀選手 LEXUS LC 500

 

No.12 フランソワ・ル・ボット選手 LEXUS RC 300h

 

No.26 フアン・ベラルデ選手 LEXUS RC F

 

No.8 マルティン・ソンカ選手 LEXUS RC 350

 

No.84 ピート・マクロード選手 LEXUS GS F

これだけ GS F なんですよね

なんとかならなかったのかなぁ?

 

No.5 クリスチャン・ボルトン選手 LEXUS LFA

これは3年連続使われている車体

特徴的だからすぐにわかります

 

No.21 マティアス・ドルダラー選手 LEXUS LFA

これも昨年2017年も使われていたと思います

 

No.11 ミカエル・ブラジョー選手 LEXUS LFA

ミカエル・ブラジョー選手の Facebook にも載ってた車体ですね

 

これらの車体の右側には、LEXUS のロゴが貼られています

 

用意されていたとはいえ、使われていたのは数台

チームによっては駐車場に置きっぱなしなんてことも

ホテルとハンガーが徒歩圏内なら、使う必要無いもんね

 

みなさんよっぽどワクワクするのか、ハンガー前に車を持ってきて撮影会をやっています

これで全部じゃないけど、半分ほどのチームが記念撮影してました!

そりゃ、かっこいいし嬉しいもんね

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ