「 イベント 」一覧

所沢航空発祥記念館

10月22日、即位礼正殿の儀 で祝日でしたので、所沢航空発祥記念館に行ってきました

もちろん目的は室屋義秀さんの BEYOND THE EDGE を見るためです

当日の午前中はあいにくの雨

室屋義秀さんの昇りが立ち並んでいました

 

入館すると、室屋義秀さんと撮れるトリックアートがありました

もちろんやってみましたよ

本当にタンデム飛行しているみたい

 

この日、所沢航空発祥記念館 は入館無料

ちょっと得した気分です

 

上映の BEYOND THE EDGE

前半は以前からある役者さんによる室屋義秀さんの再現フィルム

後半は、室屋義秀さんのインタビューや、今後の VISION 2025 について行っていることの紹介でした

 

 

BEYOND THE EDGE の他に、所沢航空発祥記念館では日本の動力飛行機の原点 アンリ・ファルマン機 の展示が行われていました

まずは機体を観てください

原型は1910年のもの

グノーム式7気筒星型回転式エンジンを使い50馬力出ていたそう

1910 (明治43) 年12月に日本での初飛行が行われたそうです

 

この頃から基本的な機構は変わってないのが驚きです

複座式のコックピットはともかく、操縦桿とラダーペダルは今の仕組みと同じ

操縦桿の左右で主翼の補助翼 (エルロン) を動かしロールを行い、操縦桿の前後で尾翼のエレベーターを動かし機首の上下を操作

ラダーペダルで垂直尾翼を動かし機首の左右を操作

この頃から全く変わってないのです!

 

各部はワイヤーで繋がれて操作するのだけど、この写真でわかるかな???

 

もう一つ興味深かったのは、補助翼 (エルロン)

静止状態だと垂れ下がっています

この状態だと抵抗になるので飛ぶのも大変だろうし、どうやって迎え角を作ってロールさせるのだろうかと、とても疑問でした
(すでに迎え角が最大だもの)

解説を読んでびっくり!

この垂れ下がった補助翼は、機体の速度が上がると自然と水平になるのだそう!!

まぁそりゃそうです、バネでも付いていなければ一番抵抗のない状態になるのは自然なこと

飛行時は水平な補助翼を、操縦桿で引っ張り迎え角をつけることで機体をロールさせる仕組みだったのです!!

 

現代の (というかエアレース機やエアロバティック機) と異なるのは、補助翼が左右どちらかしか動かないこと

エアレース機やエアロバティック機では、操縦桿を左右に動かすと左右両方の補助翼が逆方向に動きます

しかし アンリ・ファルマン機 では、片方のみが動く仕組みなんです

この仕組みを理解するのに、だいぶ時間をかけてしまいました

 

飛行機の機構に興味がある人には、いくらでも見ていられる アンリ・ファルマン機 の展示ですよ!

 

もしかしたら、映画よりアンリ・ファルマン機のほうが長く時間を費やしたかも?

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村


BEYOND THE EDGE

今年も(?) 所沢航空発祥記念館 で「BEYOND THE EDGE」が上映されています

室屋義秀選手の軌跡を追いかけよう!

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村


(新) 2019 千葉戦 タイムスケジュール

2019年千葉戦のタイムスケジュールが、改めて発表されました

https://airrace.redbull.com/en/event/chiba-2019#tab_schedule より

土曜日
10:10 Challenger Class Free Practice #3
11:25 Side Act (Kawasaki T-4 Fly By)
11:50 Side Act (Chiba Fire Fighter Rescue Helicopter)
12:10 Master Class Free Practice #3
13:50 Challenger Class Qualifying
14:50 Side Act (ShinMaywa US-2)
15:00 Master Class Qualifying

日曜日
12:40 Challenger Class Challenger Cup Race
13:50 Opening Ceremony
14:00 Master Class (Round of 14)
15:05 Side Act (Kawasaki T-4 Fly By)
15:35 Challenger Class (Award Ceremony)
15:50 Side Act (ShinMaywa US-2)
16:00 Master Class Round of 8
16:30 Master Class Final 4
16:59 Master Class Award Ceremony
17:35 Celebration of the Winners

あれま?当初発表にあったサイドアクトの F15 の時間がなくなっていますね

日本側 (rbar.jp) では、もともと F15 の話は無くなっていたから、まぁそのとおりになった、ということですかね

 

やはりというか、もう一つ残念なのは海外からのゲストが無いこと

最後だし、期待したんだけどな

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村


空のサイドアクト

2019年のサイドアクトの一部が公式に発表されました

東京湾初!海上自衛隊曲技飛行チーム「WHITE ARROWS」がやってくる!

最初 T-4 訓練機と発表されていました

T-4 といえばブルーインパルスの機体でもありますが、それなら T-4 ではなくブルーインパルスとしてもいいはず

あれ?とおもっていたら、実際には、海上自衛隊曲技飛行チーム WHITE ARROWS の T-5

ブルーインパルスは航空自衛隊ですが、海上自衛隊にも曲技飛行チームがあったとは初耳

元はブランエールといわれていましたが、2018年9月より WHITE ARROWS と改名したそう

T-4 はプロペラの訓練機なので、低速でのデモフライトになると思われます

東京湾初フライバイ!海上自衛隊の救難飛行艇「US-2」登場

なんと東京湾を US-2 が飛行すること自体が初なんだそう

飛行艇ですから着水が可能な機体

着水するなんてデモンストレーションがあると、盛り上がるんでしょうね

千葉市消防航空隊の消防ヘリコプター「おおとり」2機そろって登場

こちらは毎年サイドアクトとして活躍していますね

ホバリングしながらの救助訓練や、大量の水を投下する消火訓練など、勇ましい姿が見られます

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村


東京オートサロン2018

東京オートサロン2018に行ってきました

もちろん室屋義秀選手のトークショーが一つの目的

 

ファルケンのブースでは、室屋機の実物大模型が置いてありました

実物はもっとシャープな感じだけどね

 

30分ほど前から陣取りましたが、開始間際ではファルケンブースで人が溢れんばかり!

 

そしてご本人登場!

司会はアリーさん、千葉大会の会場で実況をされていた方です

今年2018年も、もし日本で開催されれば、アリーさんが実況かな?

 

終始和やかな雰囲気でのトークショーでした

室屋選手自身も、このトークショーのために帰ってきたようで、数日前までカルフォルニアで機体の調整&トレーニングをしていたそう

前日ぐらいに機体は、開幕戦の地アブダビで輸送され、いまごろは着いているんじゃないかな?ということでした

あと3週間で開幕ですものね

1周間前には現地入りしているでしょうし、日本に帰ってきて一瞬だけホッとできる時期なのかもしれません

 

最後には直筆のサイン入り模型が、ラッキーな5名に手渡されてました

残念ながら、じゃんけんに勝てず敗退です・・・・

 

さぁ、もうすぐ開幕

2018年は、昨年のような開幕戦のつまずきなく戦ってほしいと願っています