「 2019年10月 」一覧


所沢航空発祥記念館

10月22日、即位礼正殿の儀 で祝日でしたので、所沢航空発祥記念館に行ってきました

もちろん目的は室屋義秀さんの BEYOND THE EDGE を見るためです

当日の午前中はあいにくの雨

室屋義秀さんの昇りが立ち並んでいました

 

入館すると、室屋義秀さんと撮れるトリックアートがありました

もちろんやってみましたよ

本当にタンデム飛行しているみたい

 

この日、所沢航空発祥記念館 は入館無料

ちょっと得した気分です

 

上映の BEYOND THE EDGE

前半は以前からある役者さんによる室屋義秀さんの再現フィルム

後半は、室屋義秀さんのインタビューや、今後の VISION 2025 について行っていることの紹介でした

 

 

BEYOND THE EDGE の他に、所沢航空発祥記念館では日本の動力飛行機の原点 アンリ・ファルマン機 の展示が行われていました

まずは機体を観てください

原型は1910年のもの

グノーム式7気筒星型回転式エンジンを使い50馬力出ていたそう

1910 (明治43) 年12月に日本での初飛行が行われたそうです

 

この頃から基本的な機構は変わってないのが驚きです

複座式のコックピットはともかく、操縦桿とラダーペダルは今の仕組みと同じ

操縦桿の左右で主翼の補助翼 (エルロン) を動かしロールを行い、操縦桿の前後で尾翼のエレベーターを動かし機首の上下を操作

ラダーペダルで垂直尾翼を動かし機首の左右を操作

この頃から全く変わってないのです!

 

各部はワイヤーで繋がれて操作するのだけど、この写真でわかるかな???

 

もう一つ興味深かったのは、補助翼 (エルロン)

静止状態だと垂れ下がっています

この状態だと抵抗になるので飛ぶのも大変だろうし、どうやって迎え角を作ってロールさせるのだろうかと、とても疑問でした
(すでに迎え角が最大だもの)

解説を読んでびっくり!

この垂れ下がった補助翼は、機体の速度が上がると自然と水平になるのだそう!!

まぁそりゃそうです、バネでも付いていなければ一番抵抗のない状態になるのは自然なこと

飛行時は水平な補助翼を、操縦桿で引っ張り迎え角をつけることで機体をロールさせる仕組みだったのです!!

 

現代の (というかエアレース機やエアロバティック機) と異なるのは、補助翼が左右どちらかしか動かないこと

エアレース機やエアロバティック機では、操縦桿を左右に動かすと左右両方の補助翼が逆方向に動きます

しかし アンリ・ファルマン機 では、片方のみが動く仕組みなんです

この仕組みを理解するのに、だいぶ時間をかけてしまいました

 

飛行機の機構に興味がある人には、いくらでも見ていられる アンリ・ファルマン機 の展示ですよ!

 

もしかしたら、映画よりアンリ・ファルマン機のほうが長く時間を費やしたかも?

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村


BEYOND THE EDGE

今年も(?) 所沢航空発祥記念館 で「BEYOND THE EDGE」が上映されています

室屋義秀選手の軌跡を追いかけよう!

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村


木更津 海上自衛隊航空補給処

2019年観戦記の最後に、ハンガーのあった 木更津 海上自衛隊航空補給処 および 陸上自衛隊 木更津駐屯地 を見てきた話を

 

以前より木更津にある自衛隊基地がハンガーになるとのうわさがありました

そして開催2周間前の 8月25日(日) には陸上自衛隊 木更津駐屯地で 木更津トライアスロン が行われていたんです

これは中を見るチャンス!ということで、突撃してきました

木更津トライアスロンのレポートはこちら

 

私(およびトライアスロン見学者)が入れたのは 陸上自衛隊の側です

 

しかし、ハンガーとなりそうな場所「共同使用区域」は見学者は入れません
(選手たちのコースにはなっていたけど)

「共同使用区域」は 木更津 海上自衛隊航空補給処 となっていて、管轄が異なるんです

 

8月25日の時点ではプレハブの建設が始まっていました

これを見た瞬間の驚きたるや

てっきり滑走路の近くにハンガーなどを作ると思っていたんです

ところが、海上自衛隊航空補給処の入り口から見えるところにハンガーが作られる模様です

これは嬉しい驚きでした

 

そして、他に覗けるところは無いかと基地の周りをウロウロ

すると、「共同使用区域」を外側からかろうじて覗くことができる場所が

ポイントはココ

地図上では目の前なんですが、実際には

このぐらいにしか見えません

見る側が高台になっているわけじゃないし、草木が生い茂っているので見える範囲はごくわずか

 

この場所、開催期間中は警備員がべったり張り付きでした

タイミングよく通ると、エアレースの機体が見えることもありましたが、立ち止まって写真等は無理

実際問題、機体を撮ろうにも金網が邪魔しますので、美しく撮れるわけじゃない

日陰もありませんし、留まることは禁止な場所だと思います

 

木更津 海上自衛隊航空補給処の入り口ですが、開催期間中は写真撮影禁止

ちょっとでもカメラを構えたら注意されました

ですので、ハンガーがあるときにはこんなふうに見えるのだと、イメージだけお伝えします

中央部分にハンガーの存在がわかるかな?

 

これにて2019年の観戦記は終了です

最終年度だというのに、都合により幕張の現地へは行けませんでした

US-2 とか 海上自衛隊曲技飛行チーム WHITE ARROW とか見たかったんですけど・・・

とても残念です

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村