FP1, FP2 はマルティン・ソンカ選手

2019 Redbull AIR RACE 千葉大会 FP1, FP2 の結果が出ました

詳細は https://airrace.redbull.com/en/news/sonka-dominates-opposition-free-practice を見ていただくとして、私なりの感想を

 

2回を通してマルティン・ソンカ選手, フアン・ベラルデ選手の調子がいいですね

マット・ホール選手は FP2 に向け、順調にタイムを上げてきています

順調にいけばこの3人の優勝争いになりそうな予感

 

室屋義秀選手は FP1 はそれほどでもありませんが、FP2 の Net Time はだいぶ上げてきています

あとはどうまとめて、優勝争いに絡んでいけるかが鍵

 

フランソワ・ル・ボット選手は FP1, FP2 ともにタイムが安定しています

調子は良さそうですので、予選/本線でミスがなければ上位進出の可能性がありそうです

 

上位陣では、ミカエル・ブラジョー選手も安定した速さを持っている模様

FP1 から FP2 にかけて風が強くなったのにも関わらず、Net Time を見ればタイムを伸ばして順位もそれほど変わりません

もう少しエアレースが続けば、必ず勝つことができるだろうに、残念です

 

問題なのはクリスチャン・ボルトン選手

FP1, FP2 ともに DNS でスタートできていません

結果だけではわからないことですが、FP1 終了後に木更津周辺でテストフライトを行ってました

彼のコメントにもあるように、オイル漏れの問題があったそう

テストフライトでも、時々エンジン音がバラついていつようにも聞こえていたので、本当に調子が悪そう

明日の予選、もしくは日曜の決勝までに直ればいいですが、別の問題も抱えているという話も耳にしているので、だましだましな千葉大会になってしまうかもしれません

無事に飛べると良いですね

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村


木更津 中の島公園

どこからか、エアレース機のアプローチが見えないかと、木更津 中の島公園 にやってきました

手前にある鳥居崎浜公園から、中の島大橋を渡って行くしかないんです

2往復して高さ27mの日本一の高さを誇る歩道橋を渡っていきます

これが結構しんどい

階段で無いだけマシですが、坂も急なのでなかなか大変です

 

エアレース期間中は、橋の途中に長時間立ち止まらないように、警備員の人がいます

炎天下の中、お疲れ様です

 

橋を渡り公園の先端までくると、iPhone8 ではズームなしでこのように見えます

 

この中の島公園、風向きによってはだいぶ見やすいですね

FP1, FP2 と見ていたのですが、最後の数機以外は手前側から滑走路へアプローチしてくれるので、機体がよく見えます

とはいっても、そこそこ距離はありますから、35mm 換算 640mm だとしてもこのぐらいにしか見えません

↑が一番大きいときで

着陸直前がこれくらいです

そこまで大きくないので、ピント合わせが難しい

 

風向きが逆になると、アプローチの向きが逆になり

この大きさです、わかります?

室屋義秀選手機ですが、ほんの米粒程度

これでは、、、、ねぇ

 

離陸のときには、まずコレぐらいから見え始め

このぐらいの大きさで旋回してしまうので、まぁそれほど良くみえるわけではありません

 

今までの浦安に比べると近さは負けますが、離陸着陸が見えるので、それが好きな人には楽しめる場所だと思います

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村


木更津 パブリックビューイングの場所

私は住民でもなんでもないので、木更津 パブリックビューイングに参加することはないですが、どんな所で行われるか見に行ってきました

 

場所は木更津内港北公園

私は iPhone 使いですが、標準の Map では表示されず、Google Map なら表示されました

 

内港北公園の先端から公園全体を見渡すと

まだ何もありません

見えている駐車場は、当日使えないようですので、ここに集まるのかな?

パブリックビューイングなんだから、大型スクリーンが置かれるよね??

 

パブリックビューイングが行われる証拠はコレ

先程お伝えした、駐車場が使えないことだけ書いてありました

 

内港北公園の先端から基地側を見ると

iPhone で普通に撮るとこんなもんです

飛行機なんて米粒にもなりません

 

私の一眼レフで 35mm 換算 640mm を使っても、着陸時はこれが限界

コプシュタイン選手機とイワノフ選手機

 

離陸時もこれぐらいが限界です

ソンカ選手機とマット選手機です

 

洋上にはパトロールが巡回していました

暑い中、日陰も無く、ご苦労様です

時々海に入って涼んでいましたが、それでも暑いだろうなぁ

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村


室屋義秀選手到着

フライトレーダーによると、室屋義秀選手が福島から木更津へ到着したようです

福島から1時間弱で飛んでこれるんだねぇ

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村


幕張海浜公園

開催前で、まだ規制が始まっていませんでしたので、9月3日に幕張海浜公園に行ってきました

こんな直前に行くのは、実は初めてなんです

いままでは、まだ開催まで時間が空いているときに行ってましたから

 

まず ZOZOマリンスタジアム の駐車場に車を止めました

ZOZOマリンスタジアム周辺は、まだなにも準備されていません

去年 2018 年と同じであれば、ZOZOマリンスタジアムに入り口が作られ、そこからイベントブース等が作られるはず

まだ数日あるし、9月4日まで千葉ロッテマリーンズの試合がありますので、そのあと準備するのかもしれません

 

それでは海岸に出てみましょう

まずは正面

この写真ではわかりにくいですが、例年よりパイロンが近い気がします

思いっきり引き潮で砂浜が多く露出しているのと、あと数日で修正されるかもしれませんが、いまの感覚的には近いです

US-2 は確実に、パイロンの後ろで着水離水でしょうね

 

次に ZOZOマリンスタジアム 方面、つまり海岸に出て右側

ここはおそらくデラックスシートエリア付近

ZOZOマリンスタジアム 方面には室屋選手応援エリアと、クラブラウンジがあります

 

今度は海に向かって左側

High G ターンが見えています

なんか去年よりも近くにある気がしますが、これも暫定位置かもしれません

だってパイロン間が近すぎですもの

 

最後はコントロールタワー方面

こちらはあとで向かっていきます

 

まずは ZOZOマリンスタジアム方面に向かっていきます

現れたのは「室屋応援特設スタンド」

昨年まではデラックスシートと同じリクライニングチェアでしたが、今年 2019 年はスタンド席

これ、どうなんでしょうね

シート自体は固くなってリラックスできなさそうだし、一人ひとりのスペースも少ない

荷物置くのも大変そう

唯一段差がついたことで、後ろの席でも見やすくなったのが利点かな

 

「室屋応援特設スタンド」よりも奥、ファミリーエリア寄りにあるのが「クラブラウンジ」

この「クラブラウンジ」にはスタンドも併設されています

スタンドの後ろと横にはなぞの芝生エリア

ドッグランでもやるんかい?ってほど十分な広さがあります

これで、もう少し値段安ければねぇ

全体的にチケットの値段高いからしかたないのかもしれないけどさ

 

さて今度はコントロールタワー方面に向かいます

まだ砂浜には何もありません

しかも大型スクリーンの設置も無いんですよ

「室屋応援特設スタンド」とコントロールタワーの手前に大型スクリーンがあるだけで、この間がとても広い

例年でいえば、あと2箇所ぐらい設置されていてもおかしくないんですけどね

当日までに設置されるのかな?

 

コントロールタワーの手前にはスタッフエリアがあります

NHK コメンタリーブースと

Virtual GFX 、GFXって何の略でしょうね?

 

おまちかね、コントロールタワーです

こんな間近で見るのは初めて!

この中で全体をコントロールしているんですね

 

コントロールタワーの奥にはプレスカンファレンスルーム

かろうじてカンファレンスの雰囲気が伝わるでしょうか?

 

カンファレンスルームの奥に、最高級席「クラブラウンジ」です

こちらは絶賛準備中

まだ中も外もトンカントンカンやってました

ここ、一度は入ってみたかったなぁ

クラブラウンジから見える景色は、思ったよりもつまらないかも

千葉のトラックは横に長いですからね

両端側に陣取ると、どうしても逆は遠い

仕方のないことですが

 

最後にこんな看板を見つけました

例年にも見られる、開催のお知らせと、立入禁止区域の説明ですね

何箇所にも貼ってありました

 

エアレース最後の大会

盛り上がるといいな!

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村