「 2018観戦記 」一覧

AVIREX新宿店

先週末、AVIREX新宿店にも寄ってきました

場所はJR新宿駅南口、高島屋さんの裏、といったらイイのかな?

スポーツ用品店 ヴィクトリア の並びです

玄関左側に、エアレースのコーナーがありました

 

入り口入るとすぐにディスプレイがドン!

飛行機のプロペラ、Tシャツ・キャップを羽織ったマネキンがお出迎えです

 

ちょうどマネキンの後側、上の写真の左側に関連商品がおいてありました

グッズやウィンドブレーカー(?)

 

パーカーや模型も

 

こちらは衣服類やキャップなのですね

 

店内が混在していたので、売れ行きとかは聞けませんでした

まだまだ関連商品がありますので、こちらで購入して、盛り上がっていきましょう!

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


red bull air race グッズ

今年 2018年 の red bull air race

応援で使ったり、自分でも楽しむためにグッズを購入しました!

ようやく購入した分が全部揃ったので紹介します

 

まずはワッペン

現役選手の全員分のワッペン(パッチ)です

横幅は10cmほど、縦もほぼ同じぐらいです

ウラ面はベルクロ(マジックテープ、面ファスナー)になっています

 

つづいてはキーホルダー

パイロンに対して、ちょっと傾いているのはご愛嬌

 

最後はパイロン模型です

室屋義秀選手とかが、エアレースの説明をするときに使うパイロンと飛行機のアレです

だって、パイロンで遊んでみたかったんだもの

 

 

これらのうち、模型とキーホルダーとワッペンの一部は、AVIREXさんで購入

先日行った渋谷店さんで購入したもの

 

残りのワッペンは、オフィシャルファンショップ https://www.redbullshop.com/ から購入しました

注文したのは4月9日

翌日には発送されたとの連絡がありました

 

発送場所はドイツ ヘルネでしたので、ドイツ時間4月10日12:31(日本時間 19:31)に発送です

そこから

  1. ドイツ ヘルネ (4/10 12:31)
  2. ドイツ ケルン (4/11 01:51)
  3. 中国 深セン (4/12 0:30)
  4. 成田 (4/12 8:46)

と、たった2日ほどで日本到着!

このあと数時間で自宅に届きましたが、あいにくの不在

 

ここからが長かった

 

荷物の運搬は UPS が担っていました

UPS って配送時間の指定や土日の配送ってやってないんですよ

そして、3回不在になると、返送されてしまうんです

これはあせります

 

確実に受け取る方法はないかと調べてみたら、配送をヤマト運輸にお任せすることができるそう

ヤマト運輸なら時間指定で再配達ができますからね

早速 UPS のサイト から「カスタマーサービス」「UPSにEメール」で、ヤマト運輸での配送の希望の旨をメールしました

 

ところが、翌日(4/13 金曜日)午前中にも UPS が再配達で、またもや不幸にも不在!

この時点までメールの返答も無かったし、気持ちが焦ります

だって月曜に、たまたま不在だと3回アウトで返送されてしまいますから!

 

心配なので、UPS のお客様サービスセンターに電話 (0120-27-1040) して、ヤマト運輸での配送を依頼

都合の取れる時間帯を指定して、ようやく無事に入手することができました!

今年は、このワッペンにサインしてもらえたらラッキーですよね?

 

そうそう

受け取った箱を固定するテープがまたカワイイんですよ!

これはこれで売ってくれないのかな?

 

 

最後に

UPSで送られてきた荷物は、すぐにヤマト運輸での配送を依頼するのが良いですよ!

UPSで送られてきた荷物は、すぐにヤマト運輸での配送を依頼するのが良いですよ!

UPSで送られてきた荷物は、すぐにヤマト運輸での配送を依頼するのが良いですよ!

大事なので3回書きました(笑)

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


AVIREX渋谷店

昨年2017年に引き続き、レッドブル・エアレース千葉大会のナショナルスポンサーに選ばれているAVIREX

昨年訪れたAVIREX渋谷店さんが、今年はどうなっているのか見てきました

 

場所は渋谷、東急ハンズの隣の坂道を登ると、そこにAVIREXはあります

東京都渋谷区宇田川町4-3

 

訪れたのは日も落ちた18時過ぎ

入り口の左側に、NATIONAL SPONSOR であることが展示されています

 

玄関に展示してあるのは、ボスターとRedbull AIRRACEの帽子・ジャケット、そしてプロモーションビデオが流れています

 

店内には RED BULL AIR RACE のオフィシャルグッズコーナーがあり、キャップ・シャツ類に始まり

 

帽子やバッグ、マグカップ、模型など小物類

この他にも、パーカー等がありました

 

RED BULL AIR RACE のオフィシャルグッズを身につけて、選手たちを応援しよう!

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


千葉戦を見るためのホテル

近くに住んでいるのではない限り、千葉で開催されるエアレースを見るためホテルの予約が必要でしょう

本サイトでは、幕張の会場へ通える範囲のホテルを紹介しています

 

海浜幕張駅のある京葉線のホテルはこちら

最寄り駅の一つである幕張本郷駅がある、総武線のホテルはこちら

 

ここに示した範囲から外れると、通うのに時間がかかり大変になります

 

この中から自分の予算や行動力に見合ったホテルを見つけてくださいね

 

 

ちなみにオススメは京葉線沿線新浦安駅周辺

ばったり選手に会えるかもよ?

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


DAZNについて

今年は日本での生放送が DAZN の独占放送となりました

このことについて、やはり一度は語っておきたく思います

 

私は、過去数年間、インターネットでの生中継を見ていました

Redbull AIRRACE サイトの LIVE 配信、もしくは RedBull TV での LIVE 配信です

どちらかといえば、Redbull TV のほうが画質が良かったので、そちらを主に使うことが多かった

これを PC から ChromeCast で TV に飛ばして大画面で見るのが、迫力もありよかったんです

 

しかし昨年2017年の途中から、Redbull TV での配信がなくなりました

それからは Redbull AIRRACE サイトの LIVE 配信ですが、こちらでも特に問題はありません

予選、本戦はもちろんのころ、プレスカンファレンス(見てないけど)まであり、エアレース好きにはたまらないコンテンツ

 

ところが今年2018年になって、しかも開幕戦数日前になって、突然に日本では DAZN 独占放送の発表

つまりいままで無料で見られていたものが、有料になったわけです

これには面喰らいました

 

もっと早くに発表、とか、Jリーグのようにいくらエアレースに還元されるとか、独自コンテンツがこんなにも充実、とかあればまだマシだったとは思います

ところが、実質「独占します」の宣言だけで、他の情報はまるでなし
(特集番組もあるようですが、おしらく公式で見られるものと変わらないと予想)

つまりこれからはお金取りますよ、の宣言だけと同じ扱い

コレでは日本のファンは困惑するばかり

 

過去いろいろなモータースポーツを見てきて、衰退し消滅していったカテゴリーをいくつも知っています

あの F1 であっても以前に比べ、だいぶ視聴者も少なくなり、存亡の危機とは言いませんが近いものがあると思います

 

なぜこんなことが起きるのかといえば、結局はお金

モータースポーツにはお金がかかります、スポンサーがなければ成り立っていきません

運営にだってお金はかかるし、選手たちも良い道具を揃えようと勝とうと思えばそれなりにかかる

モータースポーツは道具が悪ければ勝てないスポーツですから
(道具が良くても勝てるわけではないから面白いのですけど)

選手たちは個人でお金を出しているだけでなく、やはりスポンサーは多いほうがいい

 

実際問題、選手たちはスポンサー獲得に苦労しているみたいですし

 

では、スポンサーはなぜお金を出すかといえば、宣伝のため

商品の宣伝であったり企業イメージであったり

スポンサーすることで売上が上がり、企業として儲けることが重要なんです

そのためにはたくさんの人に見てもらわなければいけない

その場に行って見ることも大事ですが、やはり放送でのマスには敵いませんし、放送が大事なことは誰もが認識しているとは思うのですが

 

それなのに手っ取り早くお金になる放送権料を求めて、運営側は安易に手を染めてしまう

放送局だって慈善事業ではないので、放送権料が発生すれば、無料だったものを有料にしたり、スポンサーを集めなければなりません

今回の場合は、DAZN という有料放送を選んだわけです

 

ところがこの手は禁断の実

有料放送になると、見る人はとたんに減り、それはそのままスポンサーの不利益につながる

そしてお金がなくなり、カテゴリーが衰退していく

暗にコレを行うと、すぐダメになっていきます

やっていいのは、世界的に誰でも知っているスポーツであり、ライトなファンでさえ見なければと脅迫観念が生まれるほどの場合のみ

エアレースは、まだまだ認知度も低く、有料放送するととたんにファンが離れていくのは目に見えていたと思うのだけどね

それでも有料放送に手を出しました

 

ただし、これもやり方次第だと思うのです

またもや F1 の例ですが、日本の場合フジテレビが地上波無料放送から CS 有料放送にした

だけども地上波では本戦しかも録画でしかできなかったものを、全セッション生中継にした

ここまでやれば、コアなファンはついていきますよ
(ライトなファンは離れますが)

コアなファンであればスポンサーの応援(購買)にもつながりますし、Win-Win になると思います

 

今回のエアレース運営+ DAZN はこれを失敗した

有料にして、しかも質を落としてしまった

  • 結局は RedBull AIRRACE の LIVE 放送垂れ流し
  • 無料ではほぼ途切れなかった放送が、たびたび途切れる
  • 一度途切れて放送されたものが、見直し放送でも直らない
  • 予選時はエンディングを途中でぶった切る
  • 選手のインタビューをぶった切る
  • プレスカンファレンスを流さない
  • チャレンジャークラスも流さない

これじゃ、コアなファンからそっぽを向かれても仕方ないでしょう

加えて対応も良くなかった

問い合わせをしてもテンプレート返答ばかり、しかもレッドブル・エアレースに聞いてくれ、という回答がほとんど

DAZN 自体も視聴者を増やそうという努力をしないでどうする?、というお粗末さ

DAZN は独占放送を受け持つなら

  • どれだけエアレースにとってメリットがあるのか、の公表
  • RedBull AIRRACE の LIVE 放送垂れ流しでもいいから、同時翻訳字幕をつける
  • 練習から全セッション生放送
  • プレスカンファレンスも放送
  • 独自レポーターで現地からのレポート
  • 真摯なカスタマー対応

ぐらいはやってほしかったですね

 

今回の件で、どれだけのエアレースファンが DAZN と契約し、1ヶ月の無料期間だけで解約したかは不明です

しかし、私の周りでは大部分が離脱した/する模様です

 

今の世の中、情報は一瞬にして世界を駆け巡りますし、世界中から情報を集められます

今回、日本では DAZN のLIVE独占放送で、無料で LIVE を見ることは公式には不可能

しかし、別の国では DAZN も放送するし RedBull AIRRACE サイトでも両方みられたりします

このことについても、RedBull AIRRACE 側からも DAZN からも何も説明がありません

こういったことも、運営側・DAZN 側への不審を招く一つになっているとは思います

 

なぜ日本だけこういう状況なのか、なぜ DAZN なのか、こういったことをエアレース運営側には明確にしてもらいたいですね

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ