「 canon 」一覧

6日目(2018/5/26:予選日)の観戦 フライト編

2018年、予選日の天気は薄曇りから曇りの天気

晴れ間は少なく、暑いと感じる時間帯はほぼありませんでした

飛んでいる機体の撮影には、晴れよりも良かったのかもしれません

晴れているほうが色はくっきり出るかもしれないけど、晴れると逆光が強くなって私の腕では撮影が難しいです

 

2018年の土曜日は、フリープラクティスが2回 (FP2, FP3) と予選

私の撮影スケジュールとしては、FPが2回あるのでFP中は撮影に集中

予選中は応援しつつ、興味深い絵が撮れそうだったらチャレンジしてみる

というスタイルで撮影を行いました

 

使用した機材は CANON EOS 70D + Canon EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

焦点距離は340mm ~ 400mm を使っています
(一部トリミングあり)

 

FP1から予選までは、飛ぶ順番が決まっていて、現在のランキングの下位からフライトを行います

それぞれ2枚ずつほど、写真を紹介させてください

 

フライト1番目はクリスチャン・ボルトン選手

1/500, F5.7, ISO250, 340mm 1/500, f6.4, ISO250, 340mm

何故かこの機体とは相性が良く、キレイに撮れることが多いです

 

フライト2番目はニコラス・イワノフ選手

1/500, f8.0, ISO400, 350mm 1/500, f5.7, ISO160, 340mm

飛んでいるとわかりにくいけど、細かいデザインがかっこいい機体です

 

フライト3番目はペトル・コプシュタイン選手

1/500, f6.4, ISO250, 340mm 1/640, f6.4, ISO400, 340mm

エアレース史上、最も凝ったカラーリングではないでしょうか

 

フライト4番目はピート・マクロード選手

1/400, f7.0, ISO320, 400mm 1/400, f7.0, ISO320, 400mm

黒くてカメラが置いやすいのか、きれいに撮れることが多い機体の一つです

 

フライト5番目はフランソワ・ル・ボット選手

1/500, f7.0, ISO400, 350mm 1/500, f5.7, ISO400, 350mm

緑と黒ではっきりしてそうなんだけど、相性がわるいのかイマイチ美しく撮れませんでした

 

フライト6番目はフアン・ベラルデ選手

1/640, f8, ISO400, 400mm 1/640, f7, ISO400, 400mm

こちらも比較的撮りやすい機体でした

 

フライト7番目はベン・マーフィー選手

1/640, f5.7, ISO400, 350mm 1/640, f7.0, ISO400, 350mm

手ブレが目立ちやすい機体です

なかなかきれいに撮れませんでした

 

フライト8番目はミカエル・ブラジョー選手

1/640, f8.0, ISO400, 350mm1/640, f9.1, ISO400, 350mm, トリミング

この機体はクロムメッキ調なので、パイロンの色が映り込むのが美しい機体

だけど、なかなかうまくいきません

シャッター押したのが一番多い機体でした

 

フライト9番目はカービー・チャンブリス選手

1/500, f9.1, ISO400, 360mm 1/500, f7.0, ISO400, 360mm

フライト10番目はマルティン・ソンカ選手

1/500, f8.0, ISO400, 360mm 1/500, f8.0, ISO400, 360mm

RedBull デザインの機体も、手ブレが目立ちやすい機体

なかなか上手に撮れません

 

フライト11番目はマティアス・ドルダラー選手

1/500, f9.1, ISO400, 360mm 1/500, f8.0, ISO400, 360mm

シンプルだから撮るがの難しかったです

背景との兼ね合いで、ファインダーから逃すことも多かったです

 

フライト12番目は室屋義秀選手

1/500, f7.0, ISO400, 360mm 1/500, f7.0, ISO400, 360mm

表側(コックピット側)できれいに撮れたものがありませんでした

 

フライト13番目はマット・ホール選手

1/500, f7.0, ISO400, 360mm1/500, f6.4, ISO400, 360mm

色がきれいに出ないのが悔しい

止まった機体でも、色をきれいに出すのはなかなか難しい

 

最後のフライト14番目はマイケル・グーリアン選手

1/500, f8.0, ISO400, 360mm 1/500, f9.1, ISO400, 360mm

安定して飛んでいた機体

これも追いかけるのが難しかったです

 

予選日のベストショットは2枚

まずはミカエル・ブラジョー機に、パイロンの赤と黄色が写り込んだもの

1/500, f5.7, ISO400, 330mm

そう!これ!これが撮りたかったんです

この機体が鏡面のように映し出すのがよくわかります

 

もう一枚のベストショットはこれ

1/500, f19.9, ISO400, 250mm

夕方薄曇りの太陽に陰となる機体

被写体はマット・ホール機です

これは、モノクロにしても良いかも

 

 

FP2, FP3, 予選を通じて思うのは、上下動が少ない、落ち着いた動きをしている、水平にしている時間が長い、5〜6ゲートの入り方を攻めている選手がタイムも速いということ

あとから放送を見ても思いましたが、予選下位に沈んだ選手は一様に上下動が多い

上下動があると、撮影する方もついていくのが大変

水平方向だけでなくカメラの上下動で追いかけるので、フレームから機体が欠けてたり外れることがしばしば

 

それに対し予選TOPのマイケル・グーリアン選手は、今回理想的な動きをしていました

撮るこちら側としても、撮影しやすかった一人ですね

 

あとから写真を見返しておもうのが、まだまだ撮影の腕を上げないといけないな、ということ

とくに被写体をファインダー内、しかもオートフォーカスが効く範囲に留め続けることが、なんと難しいことかを実感しました

引き続き精進して参ります

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


追加の望遠レンズを購入しました

以前から検討していた一眼レフ用の追加レンズ

SIGMA の SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM を購入しました

以前から持っている CANON EF-S18-55mm IS STM と比べてみます

ほぼ大きさは変わらないのに、望遠側が55mmから200mmに伸びています

そのぶん重さはだいぶ重く、205g から 430g への増量

手に持つと、ずっしり重さを感じます

 

望遠を目一杯伸ばしたときは、倍ほどの長さに!

これは一目で長いですね、倍近く伸びています

とはいえ、軽量な部分が伸びているのか、重さバランスの変化はあまり感じません

これは使う上でありがたい

伸ばした先が重いと、バランスも重くなって大変ですから

 

本体 CANON D70 をマニュアルモード(F10.0, 1/400, ズーム18mm, ワンショットAF)にし、三脚に固定

それぞれのレンズのみを切り替えて比較撮影しました

右がCANON、左がSIGMAです

CANON SIGMA

CANONのほうが全体的に明るく、SIGMAの方が暗く表現されています

SIGMAがすこしアンダー気味に撮れているのでしょうか

この写真ではCANONの方が好きな色味です

 

別の写真、薄曇り空のときにはCANONがオーバーぎみで色が薄くなり、SIGMAが丁度よい色味でした

 

つまりはその時その時に合わせて微調整して、撮影することが必要なのかもしれません

RAWで撮って後から調整しても良いんだけど、そこまでの手間は今のところかけられそうにないので、その場その場で確認しつつの微調整かな

 

今年2018年は、この新しいSIGMAとCANONのEF100-400mm、iPhone5sで撮影をしてきます

どんな写真が撮れるかな?

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ

 


中古 追加レンズ

いろいろと調べてきた追加のレンズ

新品は予算的に手がでないし、いままで購入したカメラ本体もレンズも中古ですので、中古から選びたいと考えています

 

予算額は 3万円 以内

市場での中古価格を見た中では、この4つが候補として出てきました

  • Canon EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM (Canon135)
  • シグマ 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM (シグマ125)
  • シグマ 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM (シグマ200)
  • シグマ 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM (シグマ250)

もう一度基本スペックをおさらい

Canon135 シグマ125 シグマ200 シグマ250
サイズ(mm) 77×96 74×89 71×86 74×89
重量(g) 480 490 430 470
最短撮影距離(cm) 39 35 39 35
フィルターサイズ 67 67 62 62
絞り羽根枚数 7 7 7 7
F値 3.5-5.6 3.8-5.6 3.5-6.3 3.5-6.3
発売年 2012 2008 2014 2012

 

一番の候補はシグマ200 (18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM) ですね

軽くて明るくて小さい

持ち歩いて取り回すにはとても良さそうなレンズです

 

ただ、シグマ200は中古市場の弾数がとても少ない

シグマ250 はそこそこある

Canon135もUSMならちょっと予算オーバーだけど数はある、STM版は数がほぼ無し

シグマ125 もとても少ない状態(くわえて設計が古い)

 

これなら、シグマ250を見据えつつ、シグマ200の良いものが出たら即購入という作戦で、狙ってみたいと思います

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ

 


追加レンズの候補 タムロン編

交換レンズの追加購入を考えています からの

Canon編 に引き続き、タムロン編です

 

追加レンズの候補として、タムロンは2本候補に上がりました

タムロン

  • 18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD (Model B008) (2010)
  • 18-200mm F/3.5-6.3 Di II VC (Model B018) (2015)

 

PZD は 定在波型超音波モーター

18-270mm には PZD がついているのに、18-200mmにはついてないんですね

 

270mm はこのズームで長さが90mmに収まっているというのは、非常にコンパクト

重さも450gとだいぶ軽いです

いろいろ口コミを漁ってみると、私のEOS 70Dだと不具合の報告がちらほら

発売当初から18-270は描写甘めという話もあるみたい

 

200mm は 270mm より本体長が長い95mm

これで Canon と同じぐらいのサイズです

重量は400gとだいぶ軽い

PZD がないぶん AF が遅そうですね

カメラマン誌5月号で酷評されていた、というのが気になります

 

タムロン全体として、柔らかい画質になるっぽいんですよね

機械をシャープに取ることが目的の私には、あまり合わないレンズメーカーなのかもしれません

 

それと2本とも最短焦点距離が49cm

Canon より10cmほどの違いは、ちょっと遠いかな?

実際使ってみて、差を感じるかはわかりませんが

 

これらを考えると、候補には挙がりませんでした

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


追加レンズの候補 Canon 編

追加レンズの候補として、Canonは5本候補に上がりました

Canon

  • EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS (2009)
  • EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM (2012)
  • EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM (2016)
  • EF-S18-200mm F3.5-5.6 IS (2008)
  • EF28-135mm F3.5-5.6 IS USM (1998)

 

まずは、この中で似通った3本を比較

  • EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS (2009)
  • EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM (2012)
  • EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM (2016)

古いものから「無印」「STM」「USM」と変わっています

 

まず「無印」と「STM」の違いですが、絞り羽根枚数が6枚から7枚に増えています

「無印」はオートフォーカス時に”ジージー”という動作音がします

「STM」はそれが解消しています

 

「STM」と「USM」の違いですが、これはオートフォーカス動作のモーターの違い

技術的なことよりも、速度と静音性が「USM」の方が優れています

 

この3本の中では、音が気にならなければ無印、オートフォーカス速度を気にするなら「USM」、標準的な「STM」といったところでしょうか

 

 

つぎに似た2本

  • EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM (2016)
  • EF28-135mm F3.5-5.6 IS USM (1998)

この2本の最大の差は「EF-S」か「EF」マウント

  • EFレンズ: フルサイズ or APS-Cサイズの一眼レフカメラ用
  • EF-Sレンズ: APS-Cサイズの一眼レフカメラ用

私のカメラは APS-C なので、まぁどちらでも良いっちゃぁ良い

商品仕様を比べてみると

EF EF-S
レンズ構成 12群16枚 12群16枚
絞り羽根枚数 6枚 7枚
最小絞り 22〜36 22~36
最短撮影距離 0.5m 0.39m
最大撮影倍率 0.19倍 0.28倍
フィルター径 72mm 67mm
最大径×長さ 78.4mm×96.8mm 77.4mm×96.0mm
質量 540g  約515g
手ブレ補正効果  約2段分  約4.0段分

将来、フルサイズ一眼を買うか、というとたぶん買わない

サイズはほぼ同じ

EF のフィルター径が大きいのは魅力だけど、F値は3.5-5.6と同じ

EF-S の軽さと手ブレ補正効果は、カメラ初心者の私には嬉しい所

となると、EFの選択肢は無くなりますね

 

 

最後に EF-S18-200mm F3.5-5.6 IS

EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS と比べて値段は高め、重さも重い、サイズは1cmほど違います

EF-S18-135mm シリーズは「STM」「USM」がラインナップされているのが大きい

EF-S18-200mm が「無印」だけなのは需要がない=使い勝手が悪いとかなのでしょう

 

 

ここまで見てきた中では、候補として残るのは

  • EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM (2012)
  • EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM (2016)

の2本ですね

今のは STM でとりあえず満足しているので、STM でも良いし、あとは値段ですね

 

EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM はこちらで買えます
Amazon.co.jp
楽天市場

EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM はこちらで買えます
Amazon.co.jp
楽天市場

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ