2018年 最終戦 決定!

長らく発表が無かった 2018年 最終戦

ようやく発表となりました

その場所は?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テキサス フォートワース

フォートワースといえば、2014年第6戦と2015年第7戦に組み込まれていました

2014年第6戦の成績は

1位 ニコラス・イワノフ選手
2位 ナイジェル・ラム選手
3位 ピート・マクロード選手

2015年第7戦の成績は

1位 ポール・ボノム選手
2位 マット・ホール選手
2位 室屋義秀選手

 

意外とアメリカ勢の成績悪いんですよね

どちらの年も2人とも1回戦での敗退

 

今回はだれが上位に入るかな?

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


日本テレビ「アナザースカイ」に出演

日本テレビの「アナザースカイ」に室屋義秀選手が出演

室屋義秀選手のアナザースカイはどこか?に注目です

やっぱりアメリカ?

故ランディ・ガニエに教えてもらった場所ってアメリカのどこでしたっけ?カルフォルニア?

 

追記:

リトアニアでしたね

東日本大震災の後、エアロバティックス世界選手権に出場前に練習していた地だそう

当時、ユルギス・カイリスに師事を受けていたんですね

アナザースカイらしく街の観光などしないで、ほぼ飛行場だけで完結してました

アナザースカイファンとしてはちょっと物足りなかったけど、室屋義秀選手ファン目線ならこれはいいね

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


航空ファン 2018年8月号

航空ファン 8月号に、レッドブルエアレース千葉大会のレポートが記載されています


航空ファン 2018年 08月号 [雑誌]

 

そして裏表紙はなんと室屋義秀選手!

所沢航空発祥記念館で行われる、記念特別展と室屋義秀選手のトークショーが紹介されています

 

千葉大会のレポートを含め、ファンなら是非一冊

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


2018年第4戦 ブダペスト 結果&感想

2018年 Redbull Airrace 第4戦 ブダペストを見ての感想です

ネタバレを含むので、まだ知りたくない人はご注意を

続きを読む

予選

ランキングが低い順にスタートするのはいつのもこと
風が強くバンピーな中での予選となりました

まずは比較的早い順番のペトル・コプシュタイン選手が好タイムでトップをキープ

そして、なんとマティアス・ドルダラー選手が体調不良のため、このレースを棄権
予選だけでなく、決勝も棄権です
よっぽど体調が良くないのでしょう
心配です

もう一つの波乱はマイケル・グーリアン選手
予選の1本目で Over G を犯し、予選はノータイムで13位に沈みます
フリープラクティスのタイムが良かっただけに、戦いはどうなっていくのか

予選トップを取ったのはマルティン・ソンカ選手
マティアス・ドルダラー選手が棄権のため、フライトして OverG などで DNF にならなければ勝ち上がり
もし DNF になるとセカンドルーザーが勝ち上がるそうです

 

Round14

クリスチャン・ボルトン選手が良いタイムを出してプレッシャーになったのか、ピート・マクロード選手が Over 12G でノックアウト

フランソワ・ル・ボット選手も良いタイムだったけど、マット・ホール選手がトラックレコードを出して対抗
フランソワ・ル・ボット選手は Firstest Looser を狙います

フアン・ベラルデ選手は Over 12G で万事休す
対するミカエル・ブラジョー選手は超安全に飛んで、「リラックスしすぎるな」と解説のポール・ボノムさんに言われるほど

カービー・チャンブリス選手はネットタイムだけなら1.5秒ぐらい速かったのに、10G超えが0.6秒以上だったので、2秒のペナルティでアウト
ベン・マーフィーは新人で2回目の Round of 8 進出です

室屋義秀選手が2戦連続のOver 12Gでアウト!!

これでフランソワ・ル・ボット選手が Firstest looser で Round of 8 進出が決定

マルティン・ソンカ選手は安全に飛んで順調に勝ち上がり

 

クリスチャン・ボルトン◯ v.s. ピート・マクロード
フランソワ・ル・ボット v.s. マット・ホール◯
フアン・ベラルデ v.s.  ミカエル・ブラジョー◯
ニコラス・イワノフ◯ v.s.  ペトル・コプシュタイン
ベン・マーフィー◯ v.s. カービー・チャンブリス
マイケル・グーリアン◯  v.s. 室屋義秀
マティアス・ドルダラー v.s. マルティン・ソンカ◯

 

Round8

ミカエル・ブラジョー選手がスピードを見せつけ、クリスチャン・ボルトン選手を撃破
初の Round4 進出です

ベン・マーフィー選手は2回も同じペナルティしちゃだめでしょ
同じゲートでクライミングゲート2回
焦ったのかな?これじゃ勝てないですね

ニコラス・イワノフ選手の機体は元々本調子じゃないのか、スピード不足が目立ちます
これだとなかなか上位は難しい
そういう意味ではマット・ホール選手は余裕のフライトでしたね

 

ミカエル・ブラジョー◯ v.s. クリスチャン・ボルトン
マルティン・ソンカ◯ v.s. フランソワ・ル・ボット
ベン・マーフィー  v.s. マイケル・グーリアン◯
ニコラス・イワノフ  v.s. マット・ホール◯

 

Final4

一人目は初 Round4 のミカエル・ブラジョー選手
安全に飛んでいるかと思いきや、落ち着いて攻めていたようで、57.849 を出したのはさすが
これは後の選手にプレッシャーになったのではないかな

二人目はマルティン・ソンカ選手
ミカエル・ブラジョー選手に比べバーティカルターンが速いフライト
直線はミカエル・ブラジョー選手のほうが速かった
タイムは57.502でミカエル・ブラジョー選手より上位につける

三人目はマイケル・グーリアン選手
スタート直後にパイロンヒット、その後も2回もペナルティを出すなど、どうしようもないフライト
直前のインタビューが入れ込み過ぎている様子だったのが気になったけど、それが悪い方に傾いちゃったんですね

この時点でミカエル・ブラジョー選手が初表彰台!

四人目はマット・ホール選手
少しずつ、少しずつ、タイムが遅れていき、マルティン・ソンカ選手より0.7秒もの差がついてしまいました
やっぱり3連勝へのプレッシャーでしょうか
マイケル・グーリアン選手よりは速いタイムで3位に入賞

 

最終順位

1位  マルティン・ソンカ選手
2位  ミカエル・ブラジョー選手
3位  マット・ホール選手
4位  マイケル・グーリアン選手

 

マルティン・ソンカ選手そしてミカエル・ブラジョー選手おめでとうございます

 

さて、これでポイントランキングはこうなります

1位  マット・ホール  45
2位  マイケル・グーリアン  43
3位  マルティン・ソンカ  34
4位  ミカエル・ブラジョー  27
5位  室屋義秀  19
6位  マティアス・ドルダラー  15
7位  フランソワ・ル・ボット  15
8位  ピート・マクロード  11
9位  カービー・チャンブリス  10
10位  フアン・ベラルデ  9
11位  ベン・マーフィー  9
12位  ペトル・コプシュタイン  8
13位  クリスチャン・ボルトン  6
14位  ニコラス・イワノフ  5

なんとミカエル・ブラジョー選手がランキング4位に

トップはマット・ホール選手のまま

3位のマルティン・ソンカ選手が近づいてきましたね

show less

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


第3戦 in ブダペスト 生放送決定!

なんと 2018年 第3戦 ブダペスト 生放送決定!

NHK BS1

6月24日(日) 21時~23時

22時から生放送!

 

このスケジュールを鑑みると、Round of 8 と Final 4 が生放送です

NHK 頑張ってますね!

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ