「 マット・ホール 」一覧

2018第2戦 カンヌ 結果&感想

2018年 Redbull Airrace 第2戦 カンヌを見ての感想です

ネタバレを含むので、まだ知りたくない人はご注意を

続きを読む

予選

予選はランキング下位からのスタートです

いきなり1人目、2人目とコースレコードの連発!
とはいえ、実力者ピート・マクロード選手とマティアス・ドルダラー選手ですから、それも当然か

しかしその後もコースレコードは連発し、FP3までのレコードを超えたのはなんと9人
いかにレベルが高いかを物語っています

なんと、初戦活躍したベン・マーフィー選手とマルティン・ソンカ選手がOver Gでノータイム
これは2人にとって痛い結果です

予選トップは、前戦優勝のマイケル・グーリアン、予選2位はカービー・チャンブリスと、前戦で活躍したアメリカ勢が今回も活躍
2人を中心にレースは回っていくんでしょう

 

Round14

途中まで波乱もなくきたが、なんとカービー・チャンブリス選手がToo Hightのペナルティ
カービーは上下動が多いので、Too High/Lowのペナルティが多いんですよね
ペナルティのために一巻の終わり

あとは後半に飛んだ選手が順調に勝ち上がりです

 

クリスチャン・ボルトン v.s. ミカエル・ブラジョー◯
ニコラス・イワノフ v.s. マティアス・ドルダラー◯
ピート・マクロード v.s. 室屋義秀◯
フランソワ・ル・ボット v.s. マット・ホール◯
ペトル・コプシュタイン v.s. ファン・ベラルデ◯
マルティン・ソンカ◯ v.s. カービー・チャンブリス
ベン・マーフィー v.s. マイケル・グーリアン◯

 

Round8

ピート・マクロードがらしくないフライト
パイロンヒットにインコレクトレベル、バーティカルターン中にも変な動きをするチグハグなフライト
これじゃぁ勝てません

次の対戦は、ミカエル・ブラジョー選手が58秒台、室屋義秀選手が57秒台とレベルの違うフライトで、室屋義秀選手が勝ち上がり

次の対戦、フアン・ベラルデ選手がちょっとしたミスで1秒ペナルティ、それがなければ良いタイムだったのに
少しゆとりがあったマティアス・ドルダラー選手がなんとか勝ち上がり

最後の対戦、そこまでマルティン・ソンカ選手のタイムが良いわけはなかった
でもマイケル・グーリアン選手が最後のバーティカルターンでミス
そのミスだけで大きく遅れ万事休す

 

マット・ホール◯ v.s. ピート・マクロード
ミカエル・ブラジョー v.s. 室屋義秀選手◯
フアン・ベラルデ v.s. マティアス・ドルダラー◯
マルティン・ソンカ◯ v.s. マイケル・グーリアン

 

Final4

まず飛ぶのはマット・ホール選手

安定しつつもなかなか早いタイムの57.692
一周目のシケインでふらついたのが、もったいなかったのかも

 

2番目は室屋義秀選手

なんとインコレクトレベルのミスで大きく遅れ、しかもバーティカルターンでストールするミス
結果的にタイムが大きく遅れ1分台では勝負になりません

 

3番目はマティアス・ドルダラー選手

水平のターンはマティアス・ドルダラー選手が速い、バーティカルターンはマット・ホール選手が速い展開
ぎりぎりまでどちらが勝ったかわからず、ゴーストとの対戦はマティアス・ドルダラー選手が勝ったように思えたが、マット・ホール選手の勝利

 

4番目はマルティン・ソンカ選手

なんと機体トラブル(エンジントラブル)で飛べず
ところが、このトラブルはRound8が失格扱いになっていて、突如マイケル・グーリアン選手が飛ぶことに
(以前もあった回転数違反のために失格)

 

改めて4番めのマイケル・グーリアン選手

突如のフライトでも安定したフライトで58.083で3位にランクイン
棚ぼたですが、しっかりフライトできたのが、さすがベテランです

 

結果は以下となりました

1位:マット・ホール選手
2位:マティアス・ドルダラー選手
3位:マイケル・グーリアン選手

 

さて、これでポイントランキングはこうなります

1位  マイケル・グーリアン  24
2位  マット・ホール  21
3位  室屋義秀  19
4位  マティアス・ドルダラー  12
5位  マルティン・ソンカ  10
6位  カービー・チャンブリス  9
7位  ミカエル・ブラジョー  9
8位  ベン・マーフィ  6
9位  フアン・ベラルデ  5
10位  フランソワ・ル・ボット  4
11位  ピート・マクロード  4
12位  ペトル・コプシュタイン  4
13位  ニコラス・イワノフ  1
14位  クリスチャン・ボルトン  0

2戦ともFinal4に残ったマイケル・グーリアン選手、室屋義秀選手が上位にランキング

この2人にマット・ホール選手を加えた3人が、今後のレースをリードしていきそうですね

 

show less

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ



マット・ホール選手のレンタル機体

今年から Edge540 v3 へ機体をチェンジしたマット・ホール選手

NHKの放送を見ていて驚いたのですが、開幕戦アブダビでは購入した機体の整備が間に合わず、レンタルした機体だったそう!

随分とキャノピー(選手の頭を保護している部分)が大きいと思ったんだよね

 

実際キャノピーが大きいと遅い機体となるよう(空気抵抗のため?)

速い選手の機体は軒並みキャノピーが小さく、選手の頭からほぼ隙間ない大きさです

 

ところが開幕戦のマット・ホール選手の機体は、ずいぶんと見た目も隙間も大きく、あれ?これカスタマイズしたの?と疑問符でした

レンタルなら納得です

 

 

とはいえ、Edge540 v3 ってレンタルができるのね!


マットホール選手の新機体

マットホール選手の機体がFaceBookにアップされてます

新しい機体は Edge540 v3

去年までの機体の特徴だったウィングレットは無く、カラーリングも地味目?

キャノピーがずいぶんと大きく、まだまだ改造の余地はありそう

つまりは、初戦の活躍はあまり期待できないのかな?

 


マット・ホール 新機体を導入

マット・ホール Racing の Facebook, Twitter, Instagram によると、2017年シーズンから Edge540 を導入する模様!

Our new #Edge540 is coming along nicely #airrace #TeamMHR

A photo posted by Matt Hall Racing (@matthallracing) on

数少ない MXS-R の機体を使っていた1人でしたが、マット・ホール選手も Edge540 にスイッチ

いまからですからおそらく Edge540 v3 でしょう

もしや、もっと新しい v4 ???

(室屋選手は自分の機体を「ほぼ v3.5」なんて言ってますし)

 

2016シーズンでMXS-Rを使っていたのは、ナイジェル・ラム選手とマット・ホール選手

ナイジェル・ラム選手は引退ですし、マット・ホール選手が切り替えとなると、MXS-Rは一機もなくなっちゃうのかな?

 

 

続報出ました

Edge 540 v3 で確定です

マティアス・ドルダラー選手の機体を借りて飛んだら惚れ込んじゃって、速攻購入したそうです

 

MXS-Rの参戦は1機のみ

辛い立場ですね