「 アブダビ 」一覧

渋谷AVIREX

そういえば、すっかり書くのを忘れてました

AVIREX が 2019 年もオフィシャルパートナーになるとの発表前のこと

4月18日に渋谷 AVIREX に立ち寄っていたんです

 

2019年は千葉戦あるけど、AVIREX どうするのかな?なんて思いつつ
(発表前のことです)

行ってみると立て看板が!

室屋義秀選手のアブダビ戦優勝の立て看板!

しかも完全優勝までがタイトルに

今でも(しつこいけれど、発表前です)応援してくれているのね、と嬉しくなりました

 

店舗内にエアレースの展示は少なく、少量のグッズがあったぐらい

ワッペンは、マティアス・ドルダラー選手 / ペトル・コプシュタイン選手 など数名分があったのみ

他には、、、すいません忘れてしまいました

 

オフィシャルパートナー発表後の今では増えているかもしれません

今年も AVIREX の応援もしないとね

(以前、ここのジーンズとグッズを購入)

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村


2019年第1戦 アブダビ 結果&感想

2019年 Redbull Airrace 第1戦アブダビ を見ての感想です

 

 

予選

開幕戦ということもあり、練習日がいつもより多く設定されていました

そのためか、フリープラクティスを重ねるうちに選手間の差が少なくなっていきました

 

その中で始まった予選は、まずフランソワ・ル・ボット選手がリード

フランソワ・ル・ボット選手だけがバーティカルターンを違うラインで通ってました

ここだけで相当稼いでいた様子

 

その後は昨年の上位が、やはり好タイムを出して上位進出

その中でも室屋義秀選手がTOPタイム

2周目のバーティカルターンが特出して速かったように見えました

 

結果を見ると9位までが1秒ぐらいの差、14位でも1.5秒の差と超僅差

これではどの対戦でも予断を許しません

1秒ペナルティーでも簡単に負けてしまいます

 

さて、どうなりますか?

 

Round of 14

快晴で風も弱いなか始まった Round of 14
ここまで安定しているとタイムもハイレベルなことになりそうな予感です

Heat.1

先に飛ぶマティアス・ドルダラー選手
ペナルティーが無ければ上位に入ったはずのタイムを持っていました
が、今回ペナルティーが多いGate14(ゴールから一つ前のゲート)でインコレクトレベルのペナルティ

後に飛ぶミカエル・ブラジョー選手
安全に飛べばと思っていたら、Gate7でインコレクトレベルペナルティをやらかす!
機体を戻すのが遅れましたねぇ
それでもなんとか上回って勝ち上がりです

Heat.2

先に飛ぶクリスチャン・ボルトン選手
一回目のバーティカルターンで11.0Gとギリギリアウトで1秒ペナルティ
しかもGate7でOver12Gをやらかし、DNFの宣言がある前にコースを外れて万事休す

後に飛ぶマルティン・ソンカ選手
安全に飛んで記録を出せばいいだけなのに、手抜かないですねぇ
まぁいつものことですが
多少はバーティカルターンで安全マージン取っていましたが、それでも53秒半ばと好タイム
もちろん勝ち上がりです

Heat.3

先に飛ぶフランソワ・ル・ボット選手
彼だけがバーティカルターンで違うラインを取るのですが、どうも全体的にスピートが出てない感じ
2回目のバーティカルターンでもストールしてしまい、余計にスピードを失ってしまいました
しかもGate14でインコレクトレベルのペナルティ

後に飛ぶフアン・ベラルデ選手
今回好調なフアン・ベラルデ選手は、2秒ペナルティをもらわなくても余裕のタイム
途中からスモークがでなくなるトラブル?で1秒失いましたが、それでも問題なく勝ち上がり
「実はスモークを早く出しすぎたんだ」と本人の談でしたので、完全にヒューマンエラーですね

Heat.4

先に飛ぶペトル・コプシュタイン選手
Gate14までは順調で、そこそこ良いタイムだったんだけどね
みんなが失敗しているGate14でインコレクトレベルをおかしました
その前のGate13や12での対応が遅れ気味だったので、それに伴い機体を戻しきれなかったようにみえます

後に飛ぶマイケル・グーリアン選手
最初のバーティカルターンで上がり過ぎていたのは、余裕で安全性を考えてのことでしょうか
Gも低かったし
解説のボノムさんに「リラックスしすぎ」と言われるほど
それでも2秒以上の差をつけての勝ち上がりです

Heat.5

先に飛ぶマット・ホール選手
風がでてきたのか急にスモークも機体も流れるなかで飛んだマット・ホール選手
Gate7で痛恨のインコレクトレベル
その前のGate6とかで流れた分、修正が遅れたのかもしれません

後に飛ぶベン・マーフィー選手
高〜〜い一回目のバーティカルターンにも驚いたけど、Gate7でのOverGに加えてパイロンヒット!
一気に4秒ものペナルティで万事休す

マット・ホール選手、運あるなぁ

Heat.6

先に飛ぶカービー・チャンブリス選手
順調に見えた飛行も、ちょこちょこ危ない場所がありました
Gate7で高かったようにも見えたし、Gate10ではクライミングぽかった
ただタイムは平凡なので、勝ち上がるにはペナルティを期待でしょうか

後に飛ぶピート・マクロード選手
やっぱりGate7
ここでインコレクトレベルを犯す人多いですね
まぁその前のゲートから遅れると、どうしてもGate7への侵入が遅れるために、インコレクトレベルになりやすいみたい
この2秒が響いてだめでした

Heat.7

先に飛ぶニコラス・イワノフ選手
スタート直後は上下動が多く、タイム出るかな?と思いましたが、案の定そこまで速いタイムではありませんでした
Gate7/Gate14もギリギリでした

後に飛ぶ室屋義秀選手
やっぱり2回目のバーティカルターンが速い室屋義秀選手
1周目は遅れていましたが、2回目のバーティカルターンだけで勝ち上がりましたね

 

この結果、ファーステストルーザーはニコラス・イワノフ選手でした

 

マティアス・ドルダラー v.s. ミカエル・ブラジョー◯
クリスチャン・ボルトン v.s. マルティン・ソンカ◯
フランソワ・ル・ボット v.s. フアン・ベラルデ◯
ペトル・コプシュタイン v.s. マイケル・グーリアン◯
マット・ホール◯ v.s. ベン・マーフィー
カービー・チャンブリス◯ v.s. ピート・マクロード
ニコラス・イワノフ v.s. 室屋義秀◯

 

Round of 8

だんだんと風が強くなってきて、コンディションが変わってきたRound of 8
Round of 14 の後半あたりから、全体的にタイムが落ちてきているように見えます
これがどんな影響を及ぼすのか!?

Heat.8

先に飛ぶニコラス・イワノフ選手
全体的にスピードが足りず、バーティカルもGが弱く、上下動も激しく、煙にキャビンを支配される
これじゃぁなかなか次は難しいでしょう
なんであんなにスモークが漏れるんでしょうねぇ

後に飛ぶカービー・チャンブリス選手
なんとGate3でクライミングのペナルティ、操縦桿を引くのが早すぎましたね
これにより2秒のペナルティをもらってしまい、追いつくことはできませんでした

Heat.9

先に飛ぶフアン・ベラルデ選手
導入ではすごくキレイなフライトだったのに、Gate7でインコレクトレベル
同じGate14でも同じようにインコレクトレベルに近かったフライトでした
あそこはみんな難しいんですね

後に飛ぶ室屋義秀選手
最初のバーティカルターンで11.0Gを「放送上では」記録したように見えたんですけどね
データ上はなんとか範囲内だったのでしょう
まぁ11Gで1秒ペナルティだったとしても、それでも勝っていたので、はやりスピードがあるんですね

Heat.10

先に飛ぶミカエル・ブラジョー選手
スタート前からスモークの調子が悪く、やっぱりスモークペナルティ
加えて1周目のバーティカルでOverGの1秒ペナルティで、合計2秒のペナルティ
2周目のバーティカルも引くのが遅い
これじゃペナルティ無くても勝てないんじゃないかな

後に飛ぶマイケル・グーリアン選手
とっても安全に2回のバーティカルターンを通過してました
2秒の余裕があるからこの飛び方でOK
それよりも、皆が失敗するGate7/14で余裕をもって水平に戻しているのが印象的
ここに余裕があるのであればミスは無く、勝ちやすい飛び方だと思います

Heat.11

先に飛ぶマット・ホール選手
やっぱりGate7/14で怪しいと思ったんですが、なんとかノーペナルティ
2回目のバーティカルターンでストールを起こすなど、ドタバタのフライトでした
ノーペナとはいえ、スピードがちょっと足りない気がします

後に飛ぶマルティン・ソンカ選手
1周目のバーティカルターンでOverG!力入ったか!?と半ばあきらめムード
しかも2回目のバーティカルターンでもストール
それでも少しずつ取り戻し、なんと最後の最後でグリーンライト
1秒ペナルティをもらっても勝ってしまいました!

 

ニコラス・イワノフ◯ v.s. カービー・チャンブリス
フアン・ベラルデ v.s. 室屋義秀◯
ミカエル・ブラジョー v.s. マイケル・グーリアン◯
マット・ホール v.s. マルティン・ソンカ◯

 

Final4

Final4を前にして、なんとニコラス・イワノフ選手のエンジンがスタートしないというトラブル!
スターターでプロペラは回せるけど、エンジンに火が入らず動き出してないように見えました
ニコラス・イワノフ選手本人も何がなんだか?という感じ
電気系か、燃料系のトラブルでしょうね

1人目ニコラス・イワノフ選手
結局スタートできず DNS (Did Not Start) でおしまい

2人目室屋義秀選手
繰り上がって室屋義秀選手がFinal4の最初のフライト
ずっと良いタイムできたのに最後の最後Gate14で怪しい動き
それでもお咎め無しで53秒780は、Round of 8以降で最速タイム

3人目マイケル・グーリアン選手
1回目のバーティカルターン後までは、室屋義秀選手に対しリードしていましたが、水平ターンで置いていかれました
水平ターン部分で、少し余裕があるフライトでしたので、その分遅れたのかもしれません

4人目マルティン・ソンカ選手
一周目終了時点で千分の5秒差!
2回目のバーティカルターンで0.1秒強まで遅れたけど、最後はなんと千分の3秒差!
過去最小のタイム差じゃないのか?
マルティン・ソンカ選手は「Round of 8 で OverG したから、OverG するのが怖くて、少し安全に飛んでしまった」とコメント
そりゃ、怖いですよね、室屋義秀選手が良いタイムだったから、ペナルティ出したら勝ち目ないもの

 

2019年開幕戦の表彰台は

1位 室屋義秀選手
2位 マルティン・ソンカ選手
3位 マイケル・グーリアン選手

となりました

 

さて、これでポイントランキングはこうなります

1位  室屋義秀  28
2位  マルティン・ソンカ  23
3位  マイケル・グーリアン  21
4位  ニコラス・イワノフ  18
5位  マット・ホール  14
6位  フアン・ベラルデ  13
7位  ミカエル・ブラジョー  12
8位  カービー・チャンブリス  11
9位  ピート・マクロード  5
10位  ペトル・コプシュタイン  4
11位  マルティン・ソンカ  3
12位  フランソワ・ル・ボット  2
13位  ベン・マーフィー  1
14位  クリスチャン・ボルトン  0

 

今年も熱い戦いが始まりました

対戦のタイム差を見ても、ペナルティがなければ僅差であることが多いので、どんな対戦でも余裕はないのだと思います

この先どう進んでいくのか楽しみです

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村


2019年シーズンはAbu Dhabiからスタート!

ようやく、本当にようやく2019年シーズンのスケジュールが発表されました

しかし、開幕戦のAbu Dhabi(アブダビ)のみ

他の予定はどうなっているのでしょうね???

 

開幕戦は2019年2月8日(金)、9日(土)です

アブダビは他と違い、金曜&土曜開催なので、間違えないでくださいね

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村



東京オートサロン2018

東京オートサロン2018に行ってきました

もちろん室屋義秀選手のトークショーが一つの目的

 

ファルケンのブースでは、室屋機の実物大模型が置いてありました

実物はもっとシャープな感じだけどね

 

30分ほど前から陣取りましたが、開始間際ではファルケンブースで人が溢れんばかり!

 

そしてご本人登場!

司会はアリーさん、千葉大会の会場で実況をされていた方です

今年2018年も、もし日本で開催されれば、アリーさんが実況かな?

 

終始和やかな雰囲気でのトークショーでした

室屋選手自身も、このトークショーのために帰ってきたようで、数日前までカルフォルニアで機体の調整&トレーニングをしていたそう

前日ぐらいに機体は、開幕戦の地アブダビで輸送され、いまごろは着いているんじゃないかな?ということでした

あと3週間で開幕ですものね

1周間前には現地入りしているでしょうし、日本に帰ってきて一瞬だけホッとできる時期なのかもしれません

 

最後には直筆のサイン入り模型が、ラッキーな5名に手渡されてました

残念ながら、じゃんけんに勝てず敗退です・・・・

 

さぁ、もうすぐ開幕

2018年は、昨年のような開幕戦のつまずきなく戦ってほしいと願っています