8日目(2018/5/28)の観戦

2018 Redbull AIRRACE 千葉大会も昨日で終了

ですが、マニアにとっての観戦はまだ続いています

いろいろと解体が始まっております

表彰台はすでにありません

高級チケット購入者のための、AIRPORT TOUR の入り口となったターフ

実際の TOUR 参加者は、幕張から浦安まで専用バスで運ばれてきていました

ここで何が行われているのか、知る日はくるのだろうか?

ターフの横に置いてあった幟

これが、当日は立っていたのでしょう

まだまだハンガーは残っていますが、機材が順次運び出されています

飛行機は到着したときと同じように、専用の台に固定されます

これはマルティン・ソンカ機ですね

乗せる組み合わせも決まっていて、例えばコレ

KOP(=ペトル・コプシュタイン機)と LEV(=フランソワ・ル・ボット機)がこの台に乗せるよ、と記されています

その下の PGF とか UEL は何の略だろう?

先程のマルティン・ソンカ機の横には、マット・ホール機が乗ります

主翼・尾翼を外し、ラッピングした状態で運ばれてきました

こう見ると、機体がすごく小さく見えますよね

一人で運ぶのも、それほど大変そうではありません

フロント側のタイヤをスムーズに乗せるため、木片のスロープが用意されています

所定の位置で固定すれば完了です

ここまでがチームスタッフのお仕事です

固定された機体がズラリと並んでいます

準備ができたものから、順次運び出されています

機体以外のパーツは?と探すとありました

写真右側(陸側)には、ずらりと主翼が並べられています

一番手前はフアン・ベラルデ選手の主翼ですね

海側には尾翼やメンテナンス道具など

一部主翼もありますね

チームの作業が終わると、順次ハンガーの中から撤収されていきます

 

こういった作業は毎度のことでしょうから、タスクフォースの方々の手際が良いこと

のんびり喋りながら(?)ダラダラやっているようで、あっという間に作業が進んでいきます

今日の最後に特別な2枚

マルティン・ソンカ選手とマイケル・グーリアン選手のシャンパンですっ!

それぞれ選手のサイン入り

もらえた人にとっては宝物になるでしょう

選手も取っておかないものなのね

浦安に通うのも、今年はこれで終わりです

もう少し撮り溜めた写真があるので紹介は続きますが、現地の様子を綴った観戦記はここまで

また来年2019年も開催されるのであれば、また観戦記を綴りたいと思います

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ