選手のサイン on ワッペン

以前、現役選手の全員分のワッペンを購入したことを書きました(この記事

推しだけじゃなく、全員分を購入したのは、これに選手からサインを貰いたかったからなんです

その結果は?

室屋義秀選手を除く全員分のサインが集まりました!!!

細かく紹介していきます

まずは、クリスチャン・ボルトン選手

非常にフレンドリーなクリスチャン・ボルトン選手

いつ出会っても、ニコニコ対応してくれます

マルティン・ソンカ選手

だいぶ顔なじみになったおかげか、いつも丁寧に対応してくれます

カービー・チャンブリス選手

時差ボケの寝起きのところでサインをもらったため、非常にシンプル

なんどかサインを書いているところを見ていますが、丁寧に書いているときと、雑なときの差がすごい

今回は雑な部類です

もっと機嫌の良いときにもらわないとだめだね

ミカエル・ブラジョー選手

ママチャリが気に入り乗り回していたところを捕まえて、サインしてもらいました

物腰しがとても柔らかく、急いでいても丁寧に対応してくれました

フランソワ・ル・ボット選手

なかなかつかまらなくって、サイン会でようやくもらえました

あんまりファンとの交流は苦手なのかもしれません

歩いている姿とかほぼ見なかったし

ペトル・コプシュタイン選手

最初、白ペンでお願いしたら色が出なくって、急遽黒で書いてもらったため、非常に見にくくなっています

マティアス・ドルダラー選手

常にサービス精神旺盛で、選手の中では一番ファンとの時間を大切にしています

だけど今回あまりサービス精神が少ないな、レースに集中したいのかな?と思いきや、千葉大会終了後のコメントで、体調が悪かったことを告白

そんな中でも、ファンのためにサインや写真に対応してくれるのは感謝・感謝ですね

ベン・マーフィー選手

なかなか捕まえることができなかった選手の一人

移動時もママチャリでかっ飛ばしてしまうし、そうでなくても取り付く島がなかなか無い

1年目だからか、ファンとの交流に慣れていないのかも?

フアン・ベラルデ選手

好意的にファンとの交流を大事にしてくれます

やっぱり群がるのは女性ファンが多いけどね

ニコラス・イワノフ選手

そういや、あまり接触する機会がなかったな

来日するのも遅かったし、帰国するのも早かった

母国での活動が忙しいのでしょうか

ピート・マクロード選手

大好物の品川巻きを大量にファンからプレゼントされていました

食べきれないと思ったのか、おすそ分け(?)していたようで、フランソワ・ル・ボット選手もハンガーで食べているところを撮られてました

マット・ホール選手

来日は遅いほうでしたね

オーストラリアなら時差がないから、時差ボケもほぼ無いからでしょう

レース前はあまり交流がありませんでしたが、レース後はにこやかに対応していました

マイケル・グーリアン選手

決勝のあと、一番遅くまで残って作業を続けていたのが印象的

他はパーティがあるからとそうそうにホテルに帰っていたのに、帰らなくていいの?と心配したほど

パーティとか苦手なタイプなのかな?

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする