「 2018記録 」一覧

2018年第4戦 ブダペスト 結果&感想

2018年 Redbull Airrace 第4戦 ブダペストを見ての感想です

ネタバレを含むので、まだ知りたくない人はご注意を

続きを読む

予選

ランキングが低い順にスタートするのはいつのもこと
風が強くバンピーな中での予選となりました

まずは比較的早い順番のペトル・コプシュタイン選手が好タイムでトップをキープ

そして、なんとマティアス・ドルダラー選手が体調不良のため、このレースを棄権
予選だけでなく、決勝も棄権です
よっぽど体調が良くないのでしょう
心配です

もう一つの波乱はマイケル・グーリアン選手
予選の1本目で Over G を犯し、予選はノータイムで13位に沈みます
フリープラクティスのタイムが良かっただけに、戦いはどうなっていくのか

予選トップを取ったのはマルティン・ソンカ選手
マティアス・ドルダラー選手が棄権のため、フライトして OverG などで DNF にならなければ勝ち上がり
もし DNF になるとセカンドルーザーが勝ち上がるそうです

 

Round14

クリスチャン・ボルトン選手が良いタイムを出してプレッシャーになったのか、ピート・マクロード選手が Over 12G でノックアウト

フランソワ・ル・ボット選手も良いタイムだったけど、マット・ホール選手がトラックレコードを出して対抗
フランソワ・ル・ボット選手は Firstest Looser を狙います

フアン・ベラルデ選手は Over 12G で万事休す
対するミカエル・ブラジョー選手は超安全に飛んで、「リラックスしすぎるな」と解説のポール・ボノムさんに言われるほど

カービー・チャンブリス選手はネットタイムだけなら1.5秒ぐらい速かったのに、10G超えが0.6秒以上だったので、2秒のペナルティでアウト
ベン・マーフィーは新人で2回目の Round of 8 進出です

室屋義秀選手が2戦連続のOver 12Gでアウト!!

これでフランソワ・ル・ボット選手が Firstest looser で Round of 8 進出が決定

マルティン・ソンカ選手は安全に飛んで順調に勝ち上がり

 

クリスチャン・ボルトン◯ v.s. ピート・マクロード
フランソワ・ル・ボット v.s. マット・ホール◯
フアン・ベラルデ v.s.  ミカエル・ブラジョー◯
ニコラス・イワノフ◯ v.s.  ペトル・コプシュタイン
ベン・マーフィー◯ v.s. カービー・チャンブリス
マイケル・グーリアン◯  v.s. 室屋義秀
マティアス・ドルダラー v.s. マルティン・ソンカ◯

 

Round8

ミカエル・ブラジョー選手がスピードを見せつけ、クリスチャン・ボルトン選手を撃破
初の Round4 進出です

ベン・マーフィー選手は2回も同じペナルティしちゃだめでしょ
同じゲートでクライミングゲート2回
焦ったのかな?これじゃ勝てないですね

ニコラス・イワノフ選手の機体は元々本調子じゃないのか、スピード不足が目立ちます
これだとなかなか上位は難しい
そういう意味ではマット・ホール選手は余裕のフライトでしたね

 

ミカエル・ブラジョー◯ v.s. クリスチャン・ボルトン
マルティン・ソンカ◯ v.s. フランソワ・ル・ボット
ベン・マーフィー  v.s. マイケル・グーリアン◯
ニコラス・イワノフ  v.s. マット・ホール◯

 

Final4

一人目は初 Round4 のミカエル・ブラジョー選手
安全に飛んでいるかと思いきや、落ち着いて攻めていたようで、57.849 を出したのはさすが
これは後の選手にプレッシャーになったのではないかな

二人目はマルティン・ソンカ選手
ミカエル・ブラジョー選手に比べバーティカルターンが速いフライト
直線はミカエル・ブラジョー選手のほうが速かった
タイムは57.502でミカエル・ブラジョー選手より上位につける

三人目はマイケル・グーリアン選手
スタート直後にパイロンヒット、その後も2回もペナルティを出すなど、どうしようもないフライト
直前のインタビューが入れ込み過ぎている様子だったのが気になったけど、それが悪い方に傾いちゃったんですね

この時点でミカエル・ブラジョー選手が初表彰台!

四人目はマット・ホール選手
少しずつ、少しずつ、タイムが遅れていき、マルティン・ソンカ選手より0.7秒もの差がついてしまいました
やっぱり3連勝へのプレッシャーでしょうか
マイケル・グーリアン選手よりは速いタイムで3位に入賞

 

最終順位

1位  マルティン・ソンカ選手
2位  ミカエル・ブラジョー選手
3位  マット・ホール選手
4位  マイケル・グーリアン選手

 

マルティン・ソンカ選手そしてミカエル・ブラジョー選手おめでとうございます

 

さて、これでポイントランキングはこうなります

1位  マット・ホール  45
2位  マイケル・グーリアン  43
3位  マルティン・ソンカ  34
4位  ミカエル・ブラジョー  27
5位  室屋義秀  19
6位  マティアス・ドルダラー  15
7位  フランソワ・ル・ボット  15
8位  ピート・マクロード  11
9位  カービー・チャンブリス  10
10位  フアン・ベラルデ  9
11位  ベン・マーフィー  9
12位  ペトル・コプシュタイン  8
13位  クリスチャン・ボルトン  6
14位  ニコラス・イワノフ  5

なんとミカエル・ブラジョー選手がランキング4位に

トップはマット・ホール選手のまま

3位のマルティン・ソンカ選手が近づいてきましたね

show less

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


2018第3戦 千葉 結果&感想

2018年 Redbull Airrace 第3戦 千葉を見ての感想です

いつもだとTV観戦しながら書いていますが、今回は現地(予選日:幕張、決勝日:浦安)の様子も兼ねて書いています

 

予選

現場で見ていたので詳細までは理解せず観戦

ピート・マクロード選手が速く、誰が抜けるか!?な戦い

まず超えたのがカービー・チャンブリス選手

予選一本目はバタバタしていたフライトが、2本目は落ち着きピート・マクロード選手を超える

それを更に超えたのが、マイケル・グーリアン選手

2本ともきれいな安定したフライトで、調子の良さ、感覚の良さが伺えるフライトでした

 

私の近くには、テキサスからのアメリカ人グループがいて、カービー・チャンブリス選手が一時TOPに立ったときは、お互いハイテンションにハイタッチしてました!
(カービー・チャンブリス選手もテキサス)

 

しかし、マイケル・グーリアン選手のタイムは速い!

2位のカービー・チャンブリス選手に0.6秒もの大差をつけてのトップタイム

この調子が続いちゃうと、手がつけられないですね

 

Round of 14

予選は風が少ない中行われましたが、決勝の風は少々強く、コロコロと方角が変わるやっかいなコンディションの中スタート

第1ヒート、第2ヒートと予選上位者が順調に勝ち上がり

このままの流れが続くのか?と思いきや、第3ヒートのフアン・ベラルデ選手が56秒台に入れる好タイム
マルティン・ソンカ選手が危ないか?と思ったけど速さを見せて辛くも勝利
フアン・ベラルデ選手は結果的にFastest LoserになってRound8に進出

さて次はマット・ホール選手と室屋義秀選手の対戦
こちらも先にマット・ホール選手が55秒中盤の驚異的タイムでプレッシャーをかける
すると室屋義秀選手は Over G で一発 DNF
決勝直前で交換した尾翼が仇になったのかもしれません

残りの対戦では、カービー・チャンブリス選手が予選上位者では敗退
彼の悪いところが出てしまい、ある意味自滅な負け方です

 

クリスチャン・ボルトン v.s. ピート・マクロード◯
ニコラス・イワノフ v.s. マティアス・ドルダラー◯
フアン・ベラルデ v.s. マルティン・ソンカ◯
マット・ホール◯ v.s. 室屋義秀
ペトル・コプシュタイン v.s. ミカエル・ブラジョー◯
フランソワ・ル・ボット◯ v.s. カービー・チャンブリス
ベン・マーフィー v.s. マイケル・グーリアン◯

 

Round of 8

引き続き風が強く、風が舞う中でのスタート

最初のマティアス・ドルダラー選手は、2回のペナルティを受け万事休す
マイケル・グーリアン選手は安全に飛んでの勝ち上がり

ミカエル・ブラジョー選手は56秒台中盤の好タイムでしたが、マルティン・ソンカ選手はそれを上回る好タイムで勝利

あとの2戦は順当に持ちタイムが速い方が勝ち
さすがに持ちタイムがこれだけ違うと、遅い方は少しでもプレッシャーをかけて相手のミスを待つしか無い状態
そんな中で57秒台では、あまりプレッシャーにならないですね

 

マティアス・ドルダラー v.s. マイケル・グーリアン◯
ミカエル・ブラジョー v.s. マルティン・ソンカ◯
フランソワ・ル・ボット v.s. ピート・マクロード◯
フアン・ベラルデ v.s. マット・ホール◯

 

Final4

1人目はマイケル・グーリアン選手
千葉大会中ずっと安定したタイムで飛んでいましたが、Final4では一発の速さが出せません
優勝するには、ちょっとタイムが足りなかった

2人目はマルティン・ソンカ選手
インコレクトレベルでの2秒ペナルティが痛いっ
スピートはそこそこあったけど、これでは勝てません

3人目はピート・マクロード選手
彼もインコレクトレベルで万事休すです

最後はマット・ホール選手
Final4では誰よりも速く飛び、ペナルティの無い綺麗なフライト
勝つ選手はこうだよね、という勝ち方です

 

これにより表彰台は

1位;マット・ホール選手
2位:マイケル・グーリアン選手
3位:マルティン・ソンカ選手

の3人です

 

さて、これでポイントランキングはこうなります

1位  マット・ホール  36
2位  マイケル・グーリアン  36
3位  室屋義秀  19
4位  マルティン・ソンカ  19
5位  マティアス・ドルダラー  15
6位  ミカエル・ブラジョー  15
7位  ピート・マクロード  11
8位  カービー・チャンブリス  9
9位  フランソワ・ル・ボット  9
10位  フアン・ベラルデ  9
11位  ベン・マーフィー  6
12位  ペトル・コプシュタイン  6
13位  クリスチャン・ボルトン  1
14位  ニコラス・イワノフ  1

 

まだまだ残り5戦

どのように選手権が進んでいくか楽しみです

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


2018第2戦 カンヌ 結果&感想

2018年 Redbull Airrace 第2戦 カンヌを見ての感想です

ネタバレを含むので、まだ知りたくない人はご注意を

 

予選

予選はランキング下位からのスタートです

いきなり1人目、2人目とコースレコードの連発!
とはいえ、実力者ピート・マクロード選手とマティアス・ドルダラー選手ですから、それも当然か

しかしその後もコースレコードは連発し、FP3までのレコードを超えたのはなんと9人
いかにレベルが高いかを物語っています

なんと、初戦活躍したベン・マーフィー選手とマルティン・ソンカ選手がOver Gでノータイム
これは2人にとって痛い結果です

予選トップは、前戦優勝のマイケル・グーリアン、予選2位はカービー・チャンブリスと、前戦で活躍したアメリカ勢が今回も活躍
2人を中心にレースは回っていくんでしょう

 

Round14

途中まで波乱もなくきたが、なんとカービー・チャンブリス選手がToo Hightのペナルティ
カービーは上下動が多いので、Too High/Lowのペナルティが多いんですよね
ペナルティのために一巻の終わり

あとは後半に飛んだ選手が順調に勝ち上がりです

 

クリスチャン・ボルトン v.s. ミカエル・ブラジョー◯
ニコラス・イワノフ v.s. マティアス・ドルダラー◯
ピート・マクロード v.s. 室屋義秀◯
フランソワ・ル・ボット v.s. マット・ホール◯
ペトル・コプシュタイン v.s. ファン・ベラルデ◯
マルティン・ソンカ◯ v.s. カービー・チャンブリス
ベン・マーフィー v.s. マイケル・グーリアン◯

 

Round8

ピート・マクロードがらしくないフライト
パイロンヒットにインコレクトレベル、バーティカルターン中にも変な動きをするチグハグなフライト
これじゃぁ勝てません

次の対戦は、ミカエル・ブラジョー選手が58秒台、室屋義秀選手が57秒台とレベルの違うフライトで、室屋義秀選手が勝ち上がり

次の対戦、フアン・ベラルデ選手がちょっとしたミスで1秒ペナルティ、それがなければ良いタイムだったのに
少しゆとりがあったマティアス・ドルダラー選手がなんとか勝ち上がり

最後の対戦、そこまでマルティン・ソンカ選手のタイムが良いわけはなかった
でもマイケル・グーリアン選手が最後のバーティカルターンでミス
そのミスだけで大きく遅れ万事休す

 

マット・ホール◯ v.s. ピート・マクロード
ミカエル・ブラジョー v.s. 室屋義秀選手◯
フアン・ベラルデ v.s. マティアス・ドルダラー◯
マルティン・ソンカ◯ v.s. マイケル・グーリアン

 

Final4

まず飛ぶのはマット・ホール選手

安定しつつもなかなか早いタイムの57.692
一周目のシケインでふらついたのが、もったいなかったのかも

 

2番目は室屋義秀選手

なんとインコレクトレベルのミスで大きく遅れ、しかもバーティカルターンでストールするミス
結果的にタイムが大きく遅れ1分台では勝負になりません

 

3番目はマティアス・ドルダラー選手

水平のターンはマティアス・ドルダラー選手が速い、バーティカルターンはマット・ホール選手が速い展開
ぎりぎりまでどちらが勝ったかわからず、ゴーストとの対戦はマティアス・ドルダラー選手が勝ったように思えたが、マット・ホール選手の勝利

 

4番目はマルティン・ソンカ選手

なんと機体トラブル(エンジントラブル)で飛べず
ところが、このトラブルはRound8が失格扱いになっていて、突如マイケル・グーリアン選手が飛ぶことに
(以前もあった回転数違反のために失格)

 

改めて4番めのマイケル・グーリアン選手

突如のフライトでも安定したフライトで58.083で3位にランクイン
棚ぼたですが、しっかりフライトできたのが、さすがベテランです

 

結果は以下となりました

1位:マット・ホール選手
2位:マティアス・ドルダラー選手
3位:マイケル・グーリアン選手

 

さて、これでポイントランキングはこうなります

1位  マイケル・グーリアン  24
2位  マット・ホール  21
3位  室屋義秀  19
4位  マティアス・ドルダラー  12
5位  マルティン・ソンカ  10
6位  カービー・チャンブリス  9
7位  ミカエル・ブラジョー  9
8位  ベン・マーフィ  6
9位  フアン・ベラルデ  5
10位  フランソワ・ル・ボット  4
11位  ピート・マクロード  4
12位  ペトル・コプシュタイン  4
13位  ニコラス・イワノフ  1
14位  クリスチャン・ボルトン  0

2戦ともFinal4に残ったマイケル・グーリアン選手、室屋義秀選手が上位にランキング

この2人にマット・ホール選手を加えた3人が、今後のレースをリードしていきそうですね

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


2018第1戦 アブダビ 結果&感想

2018年 Redbull Airrace 第1戦 アブダビを見ての感想です

ネタバレを含むので、まだ知りたくない人はご注意を

続きを読む

予選

ニコラス・イワノフ選手の機体の損傷で始まった予選
練習中にパイロンの硬い部分にヒットしたことにより、主翼が破損
そのため、チャレンジャー機を借りて、文字のラッピングだけで参加です

マット・ホール選手がまさかの1発目にOver12GでDNF
このため予選タイム無しで14位

予選トップはマティアス・ドルダラー選手
2位に0.6秒もの大差をつけて圧倒しました

 

Round14

フランソワ・ル・ボット選手が良いタイムをだして、おっ!とも思いましたが、カービー・チャンブリス選手がもっと良い良いタイムで勝ち上がり

クリスチャン・ボルトン選手はパイロンヒットで万事休す

ベン・マーフィー選手は緊張した雰囲気のフライトで、しかもOverGで2秒のペナルティ
まぁ初戦は難しいかな?と思いきや・・・・
なんとフアン・ベラルデ選手もOverGで2秒で、しかもタイムで負け!!!
ベン・マーフィーが初戦でRound14で勝ち上がりました

ピート・マクロード選手はOver12Gで一発アウト
安全に飛んだ室屋義秀選手が勝ち上がり

初のチェコ対決はマルティン・ソンカ選手がかろうじて勝ち上がり

さすがにレンタル機では勝てなかったニコラス・イワノフ選手
マイケル・グーリアン選手は順調に勝ち上がりです

ここまでフランソワ・ル・ボット選手がファーステストルーザー、どうなるか!?

マット・ホール選手が飛んだタイムを見たフランソワ・ル・ボット選手
ニヤリと笑ったのが印象的w

順調に飛んでいたマティアス・ドルダラー選手
ずっと先行してたのに、最後の最後でOver12Gでアウト
タイムが最速だっただけに残念

 

フランソワ・ル・ボット v.s. カービー・チャンブリス◯
クリスチャン・ボルトン v.s. ミカエル・ブラジョー◯
ベン・マーフィー◯ v.s. フアン・ベラルデ
ピート・マクロード v.s. 室屋義秀◯
ペトル・コプシュタイン v.s. マルティン・ソンカ◯
ニコラス・イワノフ v.s. マイケル・グーリアン◯
マット・ホール◯ v.s. マティアス・ドルダラー

 

Round8

予選、Round14と吹いていた風がだいぶ止んだ中、湿度も40%から60%へ上がった中でのスタート

マイケル・グーリアン選手のタイムが遅い!と思いましたが、タイム自体は出にくい状況なのかも
マット・ホール選手のほうがタイムが出せず敗退です

マルティン・ソンカ選手は、予選から全然タイムが変わりません 、Round8は若干落ちたかな
Round14でのフライトに比べ1秒以上遅かったフランソワ・ル・ボット選手
これじゃ勝てないよなぁ

ミカエル・ブラジョー選手は堅実に飛んでたと思うのだけど、一箇所インコレクトレベル
ペナルティが無くても55秒台だから、だいぶ遅め
カービー・チャンブリス選手は余裕で勝ち上がり

ベン・マーフィー選手はすごく丁寧に、すごく優しいフライトで、まぁまぁのタイム
だけど室屋義秀選手がRound8最速で勝ち上がり

 

マイケル・グーリアン◯ v.s. マット・ホール
マルティン・ソンカ◯ v.s. フランソワ・ル・ボット
ミカエル・ブラジョー v.s. カービー・チャンブリス◯
ベン・マーフィー v.s. 室屋義秀◯

 

Final4

マイケル・グーリアン選手が一番手
なんといきなりの53秒台で後続選手にプレッシャーをかける!
このタイムはRound8からで最速

2番目はマルティン・ソンカ選手
マイケル・グーリアン選手よりは1秒近く遅いですが、予選から通じてほぼ変わらないタイム
この安定性は流石です

3番目はカービー・チャンブリス選手
2回目のバーティカルターンで大きく遅れ、総合でも1秒以上の遅れ
これでは勝負にならず、、、です

最後は室屋義秀選手
レッド、レッド、レッド、レッド
一度も上回ることなくフライト
解説のポール・ボノム選手いわく、最初のバーティカルターンが良くなかった模様

 

なんとマイケル・グーリアン選手の優勝です!!!

何年ぶり???

2009年の第4戦ハンガリー(8月19日20日)以来の優勝

長かったですねぇ

 

順位はこのようになりました

1位 マイケル・グーリアン選手
2位 室屋義秀選手
3位 マルティン・ソンカ選手
4位 カービー・チャンブリス選手

 

後になってニュースが入ってきました

マルティン・ソンカ選手がFinal4失格です!

詳細はこちら

さて、これでポイントランキングはこうなります

まぁ、今回の順位通りですけどね

1位  マイケル・グーリアン  15
2位  室屋義秀  12
3位  カービー・チャンブリス  9
4位 マルティン・ソンカ  7
5位  マット・ホール  6
6位  ベン・マーフィー  5
7位  フランソワ・ル・ボット  4
8位  ミカエル・ブラジョー  3
9位  ペトル・コプシュタイン  2
10位  ニコラス・イワノフ  1
11位  フアン・ベラルデ  0
12位  クリスチャン・ボルトン  0
13位  マティアス・ドルダラー  0
14位  ピート・マクロード  0

 

show less

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ