「 2019記録 」一覧

2019第4戦 千葉 結果&感想

2019年 Redbull Airrace 第4戦 千葉ラウンドが終わって、早くも一週間

だいぶ遅くなりましたが、レースを見ての感想です

 

予選

飛ぶ順番は、それまでのランキング下位から

ずっとエンジンまわりの調子が悪く、無事に予選本戦を迎えられるかと心配されたクリスチャン・ボルトン選手もなんとか無事に飛べました

カービー・チャンブリス選手も FP で調子悪かった一人
予選でもそれほどタイムが出ず、活躍が見られないのかな?と残念に思っていました

そのほかでは、それまでの練習である FP1, FP2, FP3 と好調だった選手が、そのまま上位に来た印象

TOP を取ったフアン・ベラルデ選手を中心にレースが展開されるのでしょう

 

予選により、Round of 14 はこのような対戦となりました

ベン・マーフィー v.s. 室屋義秀
ピート・マクロード v.s. マティアス・ドルダラー
ミカエル・ブラジョー v.s. ペトル・コプシュタイン
クリスチャン・ボルトン v.s. フランソワ・ル・ボット
マイケル・グーリアン v.s. マット・ホール
ニコラス・イワノフ v.s. マルティン・ソンカ
カービー・チャンブリス v.s. フアン・ベラルデ

 

Round of 14

なんと台風の影響で 4 時間も繰り上がって始まった Round of 14

フライトできなくなる、というよりも、台風直撃前に片付けの時間を確保する必要があるための措置なんです

この辺が仮設ハンガーの弱みですね

Heat.1

先に飛ぶベン・マーフィー選手

彼の機体は元々室屋義秀選手のものであり、過去千葉でTOPに近いタイムを出したこともあるスピードのあるもの
それを活かしきれたのか58秒を切るタイム
ただ、このタイムは前日までに比べるとだいぶ遅かった
風向きが変わった影響か、湿度の影響かはわかりませんが、このときは58秒前後の勝負になるとは思ってもみませんでした

後に飛ぶ室屋義秀選手

ベン・マーフィー選手のタイムを受け、余裕で勝ち上がるかな?とも思っていたんです
ところが、スプリットタイムは、赤・赤と続きヤバさが出てきます
3つめのスプリットタイムで緑!これで勝てるとおもったけど、なんと 0.015 秒という僅差での負け
最後のバーティカルターンでだいぶ遅れました
これは、室屋義秀選手ファンにとっても悪夢の時でした

Heat.2

先に飛ぶピート・マクロード選手

FP3 で最速でありながら、予選で失敗してたためにこのポジション
失敗なければ予選2位のタイムでしたから、元々はスピードはあります
そのスピードを活かし、57秒4のまずまずのタイム
58秒前後の勝負であれば、これはいいプレッシャーになるでしょう

後に飛ぶマティアス・ドルダラー選手

個別にファンサービスをしてくれるほどファンを大事にするマティアス・ドルダラー選手
2016 年のチャンピオン以来不調が続きますが、予選はまずまず
ところが、機体にスピードが足りず 58秒4 と 1 秒近く遅れてのフィニッシュ
最近彼のヨーデルが聞けなかったのだが残念です

Heat.3

先に飛ぶミカエル・ブラジョー選手

なぜか予選だけタイムが出なかったミカエル・ブラジョー選手
Round of 14 のフライトもスピードが全く感じられず、タイムはなんと 59秒0
これは遅すぎでしょう
相手に勝ちをプレゼントしたようなもの

後に飛ぶペトル・コプシュタイン選手

ミカエル・ブラジョー選手のタイムを受けて、安全に飛べばいいはずだった
ところが、なんと、スタート速度違反を犯して DNF
これは勿体ない
コントロールタワーが最後まで飛ばさせてくれたのは、親心でしょうか?

Heat.4

先に飛ぶクリスチャン・ボルトン選手

エンジンがずっと不調で、千葉に来てからもオイル漏れなどの問題を抱えていましたが、無事にフライト
彼のモットーは安全確実ですから、ペナルティーを受けないことが第一
そのモットー通りのフライトで 58秒2
これであれば相手がミスしてくれれば勝ち上がれるタイムです

後に飛ぶフランソワ・ル・ボット選手

FP から好調を維持していたフランソワ・ル・ボット選手
ようやくスピードを維持するフライトが、できるようになってきたのかもしれません
(エアロバティックの優秀な選手は、細かく修正舵を当ててしまいスピードを殺してしまう癖がある)
その好調を維持し 57秒4 の好タイムで勝ち上がりました

Heat.5

先に飛ぶマイケル・グーリアン選手

今回あまり目立たなかったマイケル・グーリアン選手
フライトはきれいだけど、相手がマット・ホール選手ではスピードが足りず 58秒0
これでは難しいか

後に飛ぶマット・ホール選手

チャンピオン候補のマット・ホール選手
速いしきれいなフライト、何も文句のつけようがありません
決勝日最速の 57秒0 を出し、圧勝でした

Heat.6

先に飛ぶニコラス・イワノフ選手

今回、風向きによってばらつきのあるニコラス・イワノフ選手
Round of 14 の風はどうか?と見ていましたが、相変わらずの悪い癖オーバーホールが多発して、これ風の影響関係ないじゃん、と
これではタイムが伸びず 58秒5 とあまり良くないタイム
マルティン・ソンカ選手へのプレッシャーになるかどうか?

後に飛ぶマルティン・ソンカ選手

好調を続けていたマルティン・ソンカ選手なら余裕だと思ったんですよ
ところが!なんと2本目のバーティカルターンで Over G ペナルティー 1 秒
Round of 14 ではほとんどの選手が10Gさえ超えないことが多い中、初の Over G
この 1 秒が響いて 58秒8 での敗退
しかも室屋義秀選手が 57秒9 というタイムを持っているので、ファステスト ルーザーにもなれない!
この時点で千葉大会、そしてチャンピオン争いも終わってしまいました

Heat.7

先に飛ぶカービー・チャンブリス選手

ずっとタイムが出なかったカービー・チャンブリス選手
ところがこのフライトになって、突然いつもの上下する悪い癖が出ない!
この時のカービーは速いぞ!と思っていたら、なんと 57秒3 というマット・ホール選手に次ぐ好タイム
一気にフアン・ベラルデ選手にプレッシャーをかけます

後に飛ぶフアン・ベラルデ選手

好調のフアン・ベラルデ選手なら大丈夫、彼のフアンはそう思ったでしょう
悪いフライトとは感じませんでしたが、58秒1 と平均的なタイム
これではカービー・チャンブリス選手には勝てません
なんと予選トップが敗退してしまいました

 

これで、室屋義秀選手のファステスト ルーザーが確定
持ってますねぇ
対戦では負けましたが Round of 8 に進出です

 

ベン・マーフィー◯ v.s. 室屋義秀
ピート・マクロード◯ v.s. マティアス・ドルダラー
ミカエル・ブラジョー◯ v.s. ペトル・コプシュタイン
クリスチャン・ボルトン v.s. フランソワ・ル・ボット◯
マイケル・グーリアン v.s. マット・ホール◯
ニコラス・イワノフ◯ v.s. マルティン・ソンカ
カービー・チャンブリス◯ v.s. フアン・ベラルデ

あ、上位がこんなにボロボロ負けるのってあまり無い気がしますね

 

この結果 Round of 8 の対戦はこうなります

ベン・マーフィー v.s. ピート・マクロード
室屋義秀 v.s. フランソワ・ル・ボット
ニコラス・イワノフ v.s. カービー・チャンブリス
ミカエル・ブラジョー v.s. マット・ホール

 

マルティン・ソンカ選手が敗退したことで、チャンピオン争いはマット・ホール選手と室屋義秀選手に絞られています

 

Round of 8

Round of 14 と風向きが逆向きに変わり、予選と同じ向きになりました
予選でタイムが良かった選手が優位と考えると、フランソワ・ル・ボット選手とマット・ホール選手選手が有利か?

Heat.8

先に飛ぶベン・マーフィー選手

いきなり悪いクセ出た!!!Gate 3 でパイロンヒット!彼比較的パイロンヒット多いイメージなんですよ
加えて Gate13 でもインコレクトレベル
合計 5 秒もあっては勝負になりません

後に飛ぶピート・マクロード選手

まぁ安全に飛べば勝ち上がりですからね
何も心配する必要ありません
無難に飛んでいました

Heat.9

先に飛ぶ室屋義秀選手

ファステストで残った室屋義秀選手
とはいえ今回ずっとスピードが足らずに悩まされてます
ここで出した 57秒8 は平凡なタイムかと思ってました

後に飛ぶフランソワ・ル・ボット選手

前半まではいい勝負をしていました
ところが中盤の Gate12 でインコレクトレベル
これに動揺したのか Gate14 でもパイロンヒットと、精神力の弱さみたいなものが垣間見えたフライトとなってしまいした

Heat.10

先に飛ぶニコラス・イワノフ選手

オールドたちの戦いとなった Heat.10
どちらも調子わるい風なのに勝ち上がったので、まったく予想がつきません
ニコラス・イワノフ選手は癖のオーバーホールが少し出てタイムロス
59秒0 は相手にとってどうなのでしょう

後に飛ぶカービー・チャンブリス選手

風向きが変わったことで少し慎重なフライトに見えました
上下動はそんなに大きくありませんが、思ったよりタイム出なかったですね
58秒7 はけっこう僅差な勝利です

Heat.11

先に飛ぶミカエル・ブラジョー選手

元々スピードのある相手に対し、ペナルティーなしで飛べればプレッシャーをかけることもできたはず
ここ数戦、スピードがありましたから
しかし 2 つ目のバーティカルターンで OverG を犯し 1 秒のペナルティ
これではプレッシャーになりません

後に飛ぶマット・ホール選手

まぁまぁ安全に飛んでも勝てそうな相手になってしまいました
安全というより堅実に飛んで勝ち上がり

 

これによりチャンピオン争いは、いまだマット・ホール選手と室屋義秀選手の一騎打ちが続いています

 

Final4

泣いても笑っても最後の Final 4

チャンピオンの条件は

  • マット・ホール選手:3位以内
  • 室屋義秀選手:1位かつマット・ホール選手が4位

という、マット・ホール選手が圧倒的に有利な条件

 

1人目 ピート・マクロード選手

何を間違えたか、平凡なゲートである Gate2 でパイロンヒット!
追い風ぎみとはいえ、そこ間違えちゃだめでしょう
動揺をうまく抑えたかに見えてましたが Gate12 でもインコレクトレベル
合計 5秒 のペナルティ

正直このペナルティでレースを壊してしまいましたね
一番落胆したのは室屋義秀選手でしょう
マット・ホール選手は同様なミスをせず、完走さえできれば 3 位に入りチャンピオン決定
これでは室屋義秀選手はどうしようもありません
チャンピオンは取られても、千葉の優勝を狙うことができるかどうか?

2人目 室屋義秀選手

正直室屋義秀選手のフライトに精彩を感じませんでした
もしかしたら風が強かったのかもしれませんが、速さも切れも見られない
タイムも 58秒6 と平凡なタイムで、優勝は無理かな?と思いました

3人目 カービー・チャンブリス選手

正直カービーが、あの調子の悪さからここにいるのが不思議なぐらい
やはり難しいコンディションになっていたのでしょう
タイムが伸びず 59秒6 と室屋義秀選手に近づくこともできませんでした

4人目 マット・ホール選手

狙ってすべてを奪うのか、狙って全部失うのか、それともチャンピオンを確保するのか
マット・ホール選手の考え方に注目が集まったフライト
結果は、チャンピオンを確実にするフライトでした

 

Final 4 の結果は

1位 室屋義秀選手
2位 カービー・チャンブリス選手
3位 マット・ホール選手
4位 ピート・マクロード選手

となりました

 

なんと室屋義秀選手は千葉5大会中3勝と、ホームレースに滅法強かった
モータースポーツって、どんなに偉大な選手でもホームレースなかなか勝てないことが多いのに!
ちょっと異質です

 

さて、これでポイントランキングはこうなります

1位  マット・ホール  81
2位  室屋義秀  80
3位  マルティン・ソンカ  68
4位  ベン・マーフィー  48
5位  カービー・チャンブリス  48
6位  ピート・マクロード  48
7位  ニコラス・イワノフ  47
8位  ミカエル・ブラジョー  44
9位  マイケル・グーリアン  42
10位  フアン・ベラルデ  39
11位  フランソワ・ル・ボット  34
12位  クリスチャン・ボルトン  27
13位  ペトル・コプシュタイン  10
14位  マティアス・ドルダラー   6

 

マット・ホール選手、チャンピオンおめでとうございます!

最後のフライトで、チャンピオンを狙ったフライトを選んだのは正解だと思います
いままでランキング2位が3回で、どうしても欲しかったチャンピオン
レースに負けてもチャンピオンを取れるほうが何倍もいいもの

フライト後の彼の涙が印象的でした

本当に、マット、おめでとう!

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村


FP3 はピート・マクロード選手がTOP

2019 Redbull AIR RACE 千葉大会 FP1, FP2 の結果が出ました

詳細は https://airrace.redbull.com/en/news/mcleod-stuns-rivals-fp3 を見ていただくとして、私なりの感想を

 

いままで真ん中ぐらいの順位でいた ピート・マクロード選手

風向きが変わったせいか、全体的にタイムが落ちる中、ピート・マクロード選手だけがほぼ変わらないタイムを出しています

どんな風になっても対応できるラインを見つけているのでしょうか

 

風といえば、昨日までは南西の風だったものが、今日は南東の風

90 度も変わってしまい、選手各々苦労している様子が見て取れます

予選時は再び 45 度変わる予報がでており、タクティシャン (戦略家) は大変です

 

FP1, FP2 と FP3 を比べてみても上位のメンバーはほぼ変わりませんが、マット・ホール選手が遅れをとっていることが気になります

ここで大量得点しないとチャンピオンの目がないだけに、調子を落としているのか、それとも色々試しているのでしょうか

 

さて、このあと予選

どういった結果になるでしょうか?

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村


FP1, FP2 はマルティン・ソンカ選手

2019 Redbull AIR RACE 千葉大会 FP1, FP2 の結果が出ました

詳細は https://airrace.redbull.com/en/news/sonka-dominates-opposition-free-practice を見ていただくとして、私なりの感想を

 

2回を通してマルティン・ソンカ選手, フアン・ベラルデ選手の調子がいいですね

マット・ホール選手は FP2 に向け、順調にタイムを上げてきています

順調にいけばこの3人の優勝争いになりそうな予感

 

室屋義秀選手は FP1 はそれほどでもありませんが、FP2 の Net Time はだいぶ上げてきています

あとはどうまとめて、優勝争いに絡んでいけるかが鍵

 

フランソワ・ル・ボット選手は FP1, FP2 ともにタイムが安定しています

調子は良さそうですので、予選/本線でミスがなければ上位進出の可能性がありそうです

 

上位陣では、ミカエル・ブラジョー選手も安定した速さを持っている模様

FP1 から FP2 にかけて風が強くなったのにも関わらず、Net Time を見ればタイムを伸ばして順位もそれほど変わりません

もう少しエアレースが続けば、必ず勝つことができるだろうに、残念です

 

問題なのはクリスチャン・ボルトン選手

FP1, FP2 ともに DNS でスタートできていません

結果だけではわからないことですが、FP1 終了後に木更津周辺でテストフライトを行ってました

彼のコメントにもあるように、オイル漏れの問題があったそう

テストフライトでも、時々エンジン音がバラついていつようにも聞こえていたので、本当に調子が悪そう

明日の予選、もしくは日曜の決勝までに直ればいいですが、別の問題も抱えているという話も耳にしているので、だましだましな千葉大会になってしまうかもしれません

無事に飛べると良いですね

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村


2019チャンピオンの条件

今シーズンは残すところ千葉の 1 戦のみ

チャンピオンの可能性を残しているのは 3 選手です

マルティン・ソンカ選手、マット・ホール選手、室屋義秀選手

3 人のポイント差は最大 10 ポイントです

 

この 3 人は

  • 室屋義秀選手は 2017 年度チャンピオン
  • マルティン・ソンカ選手は 2018 年度チャンピオン
  • マット・ホール選手は 2015, 2016, 2018 年度の年間 2 位

と、実力伯仲なので、だれがチャンピオンになってもおかしくありません

 

3 人のチャンピオン条件ですが、とってもややこしい

というのも、2019 年のポイント制度には予選ポイントがあるからなんです

しかも予選 1 位には 3 ポイント (2位2ポイント、3位1ポイント) もの点数ですから、順位をひっくり返すのに十分な要素

加えて同点なら勝利数が多い方がチャンピオンであり、現在まで室屋義秀選手2勝 マット・ホール選手1勝 というのも混沌とする要素

つまり、

  • マルティン・ソンカ選手とマット・ホール選手が同点だとマット・ホール選手の勝ち
  • マットホール選手と室屋義秀選手が同点だと室屋義秀選手の勝ち

なんです

 

おおまかなチャンピオン条件は

  • マルティン・ソンカ選手
    千葉戦優勝 or 千葉戦2位+予選1位 なら無条件
    千葉戦2位 かつ マット・ホール選手が予選ノーポイント
  • マット・ホール選手
    千葉戦優勝+予選1位なら無条件
  • 室屋義秀選手
    千葉戦優勝+予選1位 かつ 2人が予選ノーポイント

です

決勝も大事ですが、予選もしっかり取らないと条件に響いてしまうわけです

 

各選手が Final 4 に残った場合の全条件を、下の表にまとめましたので御覧ください
(5位以下まで条件見ると、膨大になりすぎるので却下です)

順位条件の見方
F+数字=決勝順位, Q+数字=予選順位

選手名
(現Point)
予選
順位
決勝
順位
最終
Point
条件(これ以下であること)
マルティン・ソンカ選手
(65)
1 1 93 無条件
2 90 無条件
3 88 Matt Q3
4 86 Matt F2+Q2
2 1 92 無条件
2 89 Matt Q2
3 87 Matt Q4
4 85 Matt F2+Q3
3 1 91 無条件
2 88 Matt Q3
3 86 Matt F2+Q2
4 84 Matt F2+Q4 / F3+Q2
無得点 1 90 無条件
2 87 Matt Q4
3 85 Matt F2+Q3
4 83 Matt F3+Q3
Yoshi F1+Q2
マット・ホール選手
(61)
1 1 89 無条件
2 86 Martin F3+Q3 / F4+Q1
3 84 Martin F4+Q3
4 82 Martin F5+Q1
Yoshi F1+Q3
2 1 88 Martin F2+Q3
2 85 Martin F3+Q4 / F4+Q2
3 83 Martin F4+Q4
Yoshi F1+Q2
4 81 Martin F5+Q2 / F6+Q1
Yoshi F1
3 1 87 Martin F2+Q4
2 84 Martin F4+Q3
3 82 Martin F5+Q1
Yoshi F1+Q3
4 80 Martin F5+Q3 / F6+Q2 / F7+Q1
Yoshi F2+Q2
無得点 1 86 Martin F3+Q3 / F4+Q1
2 83 Martin F4+Q4
Yoshi F1+Q2
3 81 Martin F5+Q2
yoshi F1
4 79 Martin F5+Q4 / F6+Q3 / F7+Q2
Yoshi F2+Q3 / F3+Q1
室屋義秀選手
(55)
1 1 83 Martin F4+Q4
Matt F2+Q4 / F3+Q2
2 80 Martin F5+Q3 / F6+Q2 / F7+Q1
Matt F4+Q3
3 78 Martin F+Q4 / F7+Q3 / F8+Q2
Matt F5+Q1
4 76 Martin F8+Q4
Matt F5+Q3 / F6+Q2 / F7+Q1
2 1 82 Martin F5+Q1
Matt F3+Q3 / F4+Q1
2 79 Martin F5+Q4 / F6+Q3 / F7+Q2 / F8+Q1
Matt F4+Q4
3 77 Martin F7+Q4 / F8+Q3
Matt F5+Q2 / F6+Q1
4 75 Martin F9
Matt F5+Q4 / F6+Q3 / F7+Q2
3 1 81 Martin F5+Q2 / F6+Q1
Matt F3+Q4 / F4+Q2
2 78 Martin F+Q4 / F7+Q3 / F8+Q2
Matt F5+Q1
3 76 Martin F8+Q4
Matt F5+Q3 / F6+Q2 / F7+Q1
4 74 Martin F9
Matt F6+Q4 / F7+Q3 / F8+Q2
無得点 1 80 Martin F5+Q3 / F6+Q2 / F7+Q1
Matt F2+Q2
2 77 Martin F7+Q4 / F8+Q3
Matt F5+Q2 / F6+Q1
3 75 Martin F9
Matt F5+Q4 / F6+Q3 / F7+Q2
4 73 Martin F9
Matt F7+Q4 / F8+32

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村


2019 チャレンジャークラス ランキング

今年 2019 年はチャレンジャークラスのランキングを行わないのか、公式にランキングがありません

ですので、第3戦バラトン湖終了時点でのランキングを集計しました

Abu Dhabi Kazan Lake Balaton Standings 戦数
CUP1 CUP2 CUP1 CUP2 CUP1 CUP2
Florian Bergér 10 10 10 30 3
Dario Costa 4 2 10 8 24 4
Daniel Ryfa 6 8 10 24 3
Mélanie Astles 8 8 0 2 18 4
Kenny Chiang 10 6 16 2
Sammy Mason 2 4 8 2 16 4
Patrick Davidson 0 8 6 14 3
Luke Czepiela 6 0 4 10 3
Kevin Coleman 0 6 4 10 3
Baptiste Vignes 4 6 10 2
Patrick Strasser 2 0 4 6 3
Vito Wyprächtiger 2 0 2 2

バラトン湖終了時点でのポイントリーダーは Florian Bergér 選手

3 戦 3 勝ですから圧倒的な強さですね

 

気になるのは戦数です

人によって 2 戦〜 4 戦とばらつきがあります

仮に 4 戦する必要があるなら、例えば Florian Bergér 選手はあと 1 戦する必要があり、Dario Costa 選手は今期は終了
そこで、各選手の残っている戦数はいくつか数えると、合計 12 戦
いままで 1 大会 2 戦でのべ 12 人が飛んでいますから、「あれ?千葉でチャレンジャーやると丁度いい?!」と思ってしまします

逆に有効成績が 3 戦だとすると(モータースポーツの世界ではよくある話)、ほとんどの選手が 3 戦終わっています
しかもランキングに大きな影響はないので、わざわざ千葉でチャレンジャーやる必要がない

さて、どちらなんでしょう?

 

もちろん、個人的には千葉でチャレンジャーやってほしいですけどね

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村