「 ブタペスト 」一覧

2018年第4戦 ブダペスト 結果&感想

2018年 Redbull Airrace 第4戦 ブダペストを見ての感想です

ネタバレを含むので、まだ知りたくない人はご注意を

続きを読む

予選

ランキングが低い順にスタートするのはいつのもこと
風が強くバンピーな中での予選となりました

まずは比較的早い順番のペトル・コプシュタイン選手が好タイムでトップをキープ

そして、なんとマティアス・ドルダラー選手が体調不良のため、このレースを棄権
予選だけでなく、決勝も棄権です
よっぽど体調が良くないのでしょう
心配です

もう一つの波乱はマイケル・グーリアン選手
予選の1本目で Over G を犯し、予選はノータイムで13位に沈みます
フリープラクティスのタイムが良かっただけに、戦いはどうなっていくのか

予選トップを取ったのはマルティン・ソンカ選手
マティアス・ドルダラー選手が棄権のため、フライトして OverG などで DNF にならなければ勝ち上がり
もし DNF になるとセカンドルーザーが勝ち上がるそうです

 

Round14

クリスチャン・ボルトン選手が良いタイムを出してプレッシャーになったのか、ピート・マクロード選手が Over 12G でノックアウト

フランソワ・ル・ボット選手も良いタイムだったけど、マット・ホール選手がトラックレコードを出して対抗
フランソワ・ル・ボット選手は Firstest Looser を狙います

フアン・ベラルデ選手は Over 12G で万事休す
対するミカエル・ブラジョー選手は超安全に飛んで、「リラックスしすぎるな」と解説のポール・ボノムさんに言われるほど

カービー・チャンブリス選手はネットタイムだけなら1.5秒ぐらい速かったのに、10G超えが0.6秒以上だったので、2秒のペナルティでアウト
ベン・マーフィーは新人で2回目の Round of 8 進出です

室屋義秀選手が2戦連続のOver 12Gでアウト!!

これでフランソワ・ル・ボット選手が Firstest looser で Round of 8 進出が決定

マルティン・ソンカ選手は安全に飛んで順調に勝ち上がり

 

クリスチャン・ボルトン◯ v.s. ピート・マクロード
フランソワ・ル・ボット v.s. マット・ホール◯
フアン・ベラルデ v.s.  ミカエル・ブラジョー◯
ニコラス・イワノフ◯ v.s.  ペトル・コプシュタイン
ベン・マーフィー◯ v.s. カービー・チャンブリス
マイケル・グーリアン◯  v.s. 室屋義秀
マティアス・ドルダラー v.s. マルティン・ソンカ◯

 

Round8

ミカエル・ブラジョー選手がスピードを見せつけ、クリスチャン・ボルトン選手を撃破
初の Round4 進出です

ベン・マーフィー選手は2回も同じペナルティしちゃだめでしょ
同じゲートでクライミングゲート2回
焦ったのかな?これじゃ勝てないですね

ニコラス・イワノフ選手の機体は元々本調子じゃないのか、スピード不足が目立ちます
これだとなかなか上位は難しい
そういう意味ではマット・ホール選手は余裕のフライトでしたね

 

ミカエル・ブラジョー◯ v.s. クリスチャン・ボルトン
マルティン・ソンカ◯ v.s. フランソワ・ル・ボット
ベン・マーフィー  v.s. マイケル・グーリアン◯
ニコラス・イワノフ  v.s. マット・ホール◯

 

Final4

一人目は初 Round4 のミカエル・ブラジョー選手
安全に飛んでいるかと思いきや、落ち着いて攻めていたようで、57.849 を出したのはさすが
これは後の選手にプレッシャーになったのではないかな

二人目はマルティン・ソンカ選手
ミカエル・ブラジョー選手に比べバーティカルターンが速いフライト
直線はミカエル・ブラジョー選手のほうが速かった
タイムは57.502でミカエル・ブラジョー選手より上位につける

三人目はマイケル・グーリアン選手
スタート直後にパイロンヒット、その後も2回もペナルティを出すなど、どうしようもないフライト
直前のインタビューが入れ込み過ぎている様子だったのが気になったけど、それが悪い方に傾いちゃったんですね

この時点でミカエル・ブラジョー選手が初表彰台!

四人目はマット・ホール選手
少しずつ、少しずつ、タイムが遅れていき、マルティン・ソンカ選手より0.7秒もの差がついてしまいました
やっぱり3連勝へのプレッシャーでしょうか
マイケル・グーリアン選手よりは速いタイムで3位に入賞

 

最終順位

1位  マルティン・ソンカ選手
2位  ミカエル・ブラジョー選手
3位  マット・ホール選手
4位  マイケル・グーリアン選手

 

マルティン・ソンカ選手そしてミカエル・ブラジョー選手おめでとうございます

 

さて、これでポイントランキングはこうなります

1位  マット・ホール  45
2位  マイケル・グーリアン  43
3位  マルティン・ソンカ  34
4位  ミカエル・ブラジョー  27
5位  室屋義秀  19
6位  マティアス・ドルダラー  15
7位  フランソワ・ル・ボット  15
8位  ピート・マクロード  11
9位  カービー・チャンブリス  10
10位  フアン・ベラルデ  9
11位  ベン・マーフィー  9
12位  ペトル・コプシュタイン  8
13位  クリスチャン・ボルトン  6
14位  ニコラス・イワノフ  5

なんとミカエル・ブラジョー選手がランキング4位に

トップはマット・ホール選手のまま

3位のマルティン・ソンカ選手が近づいてきましたね

show less

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


7日目(2018/5/27:決勝日)の観戦

昨年同様、決勝日は浦安での観戦です

なんと言っても表彰式が見られるのがポイント

 

午前中にはパブリックビューイングがスタート

午前中はひともまばら(撮影11:15分ごろ)

ハンガーの前は 8:30 には閉鎖されています

 

決勝 (Round of 14, Round of 8, Final4) の様子は過去のリアルタイム実況や 結果&感想  にまかせて、Final4後の様子をお伝えします

 

Final4 が終わる頃には続々と表彰台前に人が集まってきました

Final4 が終わると、表彰台前は本格的に人が集まっています

が、実際には前の方ばかりで、後ろはまばら

このぐらいになったら、パブリックビューイングエリアを開放しちゃったほうが、映像や写真向けにも人が多い!ってみせられるんじゃないかな?

 

表彰式は、まず3位のマルティン・ソンカ選手から登場!

続いて2位 マイケル・グーリアン選手

最後は優勝のマット・ホール選手です

 

オーストラリア国歌は久々に聞きました

なんとこの日は、世界で行われたモータースポーツで、3人もオーストラリア人が優勝なんです!

F1 monaco: Daniel Ricciardo

Indy 500: Wii Power

Airrace: Matt Hall

すごいよ、地球一周(ヨーロッパ、アメリカ、日本)でオーストラリア人大活躍だよ!!!

 

国歌終わって、チェコ国旗かかげるマルティン・ソンカ選手

そういや昨年も掲げていたような??

 

トロフィーを掲げてのフォトセッション

マイケル・グーリアン選手だけ、国旗持ってないのが残念

だれか渡したらいいのに

 

シャンパンファイト〜〜〜〜〜〜

たぶん、選手にとって一番うれしい時間かもね

 

それぞれチームごとに撮影

マットチームだけ写真が暗くて・・・

 

 

表彰式のあとしばらくすると、ハンガー前のエリアが開放されました

だいたい 18:30 ぐらいです

 

早速、機体の解体が始まっております

次戦 ブダペストに向けての準備ですね

ペトル・コプシュタイン機からは、おそらくスモーク用のオイルを抜いているのでしょう

上の2機もオイル抜きをしています

 

すっかり辺りも暗くなり、投光機とハンガー内の明かりだけが頼りです

 

なんと、お高いチケット(ラウンジチケット)のパンフレットを持っている人に出会いました

ラウンジではこのパンフレットが積んであって、自由に何冊でももらえる状態だったそうです

中身を見せてもらいましたが、全部英語・・・

日本語版の存在は確認するの忘れました

ご存知の方いましたら、コメントおねがいます

 

夜もだいぶ更けてくると、選手やスタッフがホテルへの帰路につきます

もちろんファンにとっては交流のチャンス!

マット・ホール選手が快くサインに応じてくれています

 

選手スタッフはこれからパーティ(日本でいう打ち上げ)があるそう

それなのに、マイケル・グーリアン チームだけは選手含め、ずっと作業していました

パーティーでなくて良いんかいね?

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


ハンガー前解除

表彰式も終わり、只今18時32分

ハンガー前の規制が解除されました

 

次戦ブダペスト戦に向けて、どんどん解体が進んでいます

機体の解体は今晩(日曜日)と明日(月曜)の二日間で終わり

そうなるとチームメンバーは帰国の途につきます

 

タスクフォース(建築チーム)は、現状回復のため、あと10日ほど仕事があるそうです

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ

 


8 18 ファンクラブ

2017/7/2の Redbull TV での生中継での出来事

その中で映っていた「8 18 Fan Club」の人たち

同じチェコ出身のパイロット、マルティン・ソンカ選手とペトル・コプシュタイン選手を応援する人たちです

 

こういうのちょっと羨ましいよね

同じ国の選手が2人とか3人(フランス)にいると、「おらが国の選手」で両方応援したいもの

もし対戦の場合はどんな心境になるのだろう?

 

日本人って、もちろん日本選手も応援するけど、それ以上に自分の国以外の選手も応援するよね
F1 しかり、AirRace しかり
ちゃんと全部の選手にファンがいる感じ

こういった国も珍しいらしいけど

 

日本では次の選手はまだまだ出てこなそうだから、「8 18 Fan Club」のような集まりは当分先ですね

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


2017 第4戦 ブダペスト 結果&感想

Redbull Airrace 第4戦 ブダペストを見ての感想です

ネタバレを含むので、まだ知りたくない人はご注意を

 

 

予選

ピート・マクリード選手と室屋義秀選手がちょっと抜きに出てましたね

他の選手に2秒もの差をつけての1-2

続く3位から7位までが1秒以内と超僅差

これはお互いに攻めてミスしたほうが負けそうな展開です

それと、全体的に Over G が多かったですね

12Gで一発アウトも2人いましたし

今回新機体になったフランソワ・ル・ボット選手が8位に

彼を密かに応援している私としては嬉しい限り

 

Round14

予選3位のマット・ホール選手が負ける波乱
後から見なおしてみましたが、マット・ホール選手はチェインブリッジ側のバーティカルターンで思いっきり失速してますね
このバーティカルターンだけで負けたといっていいでしょう

ピーター・ポドランセック選手はエンジントラブルで不戦敗

去年チャンピオンのマティアス・ドルダラー選手は12Gオーバーの一発アウト
予選も12Gオーバー一発アウトなので、2回連続のアウト
ちょっとどうしちゃったんでしょうね

マット・ホールがファーステストルーザーで勝ち上がり

そして室屋義秀選手が最速タイムで勝ち上がりです

ミカ・ブラジョー○ v.s. マット・ホール
ペター・ポドランセック v.s. マルティン・ソンカ○
ニコラス・イワノフ○ v.s. マイケル・グーリアン
クリスチャン・ボルトン v.s. ペトル・コプシュタイン○
フランソワ・ル・ボット v.s. カービー・チャンブリス○
マティアス・ドルダラー v.s. 室屋義秀○
ファン・ベラルデ v.s. ピート・マクリード○

 

Round8

ピート・マクリードが2秒ペナルティもらながらも勝ち上がり
スピードがあるのは得ですねぇ

マット・ホールは Over G (12G)で一発アウト
ほんとに、今回は Over G しかも 12G over が多いこと

ペトル・コプシュタイン v.s. カービー・チャンブリス○
ミカ・ブラジョー v.s. ピート・マクリード○
マルティン・ソンカ○ v.s. ニコラス・イワノフ
マット・ホール v.s. 室屋義秀○

 

Round4

まずはカービー・チャンブリスが 1.00.632 の好タイムでRound4がスタート

ピート・マクリードは 1:00.740 で惜しくも遅れを取る
チェインブリッジ側のバーティカルターンで失速したように見えたんだけど、実際はどうかな?

マルティン・ソンカは 1:01.699.
ゲートを上昇して Gate18 通過したので2秒ペナルティが響く

最後に飛ぶのが室屋義秀
タイムは 1:01.188 と遅れた
まぁ、室屋選手はRound14, 8ともに相手が先に自滅だったもんで、まともに飛んだのはRound4が最初
これじゃ慎重にならざるを得なく、タイムが遅いのは仕方ないかな?

 

この結果なんと、カービー・チャンブリス選手が久しぶりの優勝!(2008年のロンドン大会以来)

初めて勝ったのもハンガリーだそう
優勝が決まった瞬間、静かに噛み締めていたのが印象的でした

 

今回の優勝トロフィーはコレ

世界遺産のチェインブリッジがデザインされているんですね

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ