「 東京メディアタワースタジオ 」一覧

ブライトリング ジャパン・レーサーズ・スクワッド

先週末(2019年12月8日) に行われた ブライトリング ジャパン・レーサーズ・スクワッド (BREITLING THE JAPAN RACERS SQUAD) に行ってきました

 

BREITLING THE JAPAN RACERS SQUADは、BREITLING がサポートしているエアレースの室屋義秀選手、インディーカーの佐藤琢磨選手、MotoGP の中上貴晶選手が、一年前に発足したもの

今回、初のファンミーティングが東京タワーにほど近い東京メディアタワースタジオで行われました

イベント自体は 2 部構成になっていて、前半は大人向けの「レーサーズ・セッション」、後半は子供向けの「ドリーム・セッション」となっています
レーサーズ・セッションは

トップカテゴリーで世界と戦う3名が、今シーズンを振り返り、戦いの舞台裏や世界へ挑む心境などを熱く語っていただきます。

ドリーム・セッションは

世界で活躍する3名が、未来を担う子供たちに向けて、夢の大切さ、夢の実現方法などをテーマに語っていただきます。レーサーへの質問や撮影会など子供たちとの交流も予定しています。

というイベント(公式サイトより

私はもちろん前半のレーサーズ・セッションに参加です

 

イベント開始時間は 10:30 でしたので、会場への到着は 8:30 過ぎ

この頃にはすでに10人ほどが並んでいました

会場時間には定員 300 人に対し、100 人ぐらいは並んでいたんじゃないでしょうか?

ちゃんと数えたわけではありませんが

 

まずは受付を済ますと、お土産 3 点がいただけます

ブライトリングのキャップ、イベントのネックストラップ、Honda Racing の缶バッチ、です

 

会場に入ると目につくのがブライトリングのオブジェ

皆さん思い思いのポーズで撮っていらっしゃいました

 

会場脇にはブライトリングのインタビュー背景

ここで行われた 3 人のフォトセッションが、各メディアに挙がってますね

 

会場後方にはブライトリングのブース

クロノグラフを始め、フラグシップモデルが展示されていたようです

 

会場前方にはステージと大スクリーン

このときは会場全体が暗く、雰囲気が伝わりにくいですね

 

さて時間となり、3人が登壇

このように、司会のお姉様とのトークが繰り広げられます

ステージ全体は、大スクリーンを含めたトークとなっています

 

この 3 人に自己紹介は不要だと思うのですが、簡単に自己紹介からのスタート

室屋義秀選手が「喜多方ラーメンが好き、紅生姜はダメ」と自己紹介したのを受け、佐藤琢磨選手も「味噌ラーメンラーメンが好き、紅生姜はOK」と返す流れに

ちゃんと中上貴晶選手も「塩バターコーンラーメンが好き、紅生姜はOK」と応える(答えさせられる?)状況で笑いを取ってました

慌ててそれぞれの紹介をさせられる司会が大変そう

 

3 人ともリラックスした様子でトークが進んでいきます

 

こちらこちら など各所に記事が出ていますね

ここはエアレースのサイトですので、室屋義秀選手のネタを一つ

2019年最終戦の千葉大会

Round of 14 で負けた室屋義秀選手は、Fastest Looser になれるかを待つ状況

その中あまりに歯を食いしばっていたそうで、Fastest Looser に決まった時、力が入りすぎて前歯の裏が欠けてしまったそう!!!

噛み締めすぎて奥歯が割れる、なんていうのは聞きますが、前歯が欠けるのは初めて聞きました

佐藤琢磨選手「もう治したの?」と聞くと

室屋義秀選手「まだ治せてないんですよ〜」
佐藤琢磨選手「早く治しなよ〜」

なんて一幕も

 

全体を通して、すご〜〜〜〜〜く上機嫌な室屋義秀選手でした

私はいままで、こんな上機嫌な室屋義秀選手は見たことないです

よっぽど気分良かったのかな?

 

終了間際には、3 人と参加者での記念撮影

これは撮影しているカメラマンを撮影してます

室屋義秀選手の Twitter にも写真が挙がってますね

さて、私はどこでしょう?(笑)

 

トークセッション自体は 1 時間程度で終了

発表されていたレーサーズ・セッションの時間は 10:30~12:30 の 2 時間

質問コーナーがあるかと思いましたが、残念ながら開催されず

その代わりというのか、隣の会場にて 3 選手のトロフィーなどの展示が行われました

 

まずは室屋義秀選手

ブライトリング機搭乗時に使っているヘルメット

千葉大会の優勝トロフィー 3 つ

世界チャンピオンのトロフィー

そして Extra-300L の実機コックピット

これは実際の Extra-300L を廃棄するにあたり、 コックピットのみを切り出して展示しているそうです

計器はそのままですので、マニアにとってよだれものの展示ですね

これは座ってみることも可能でしたが、列が長くて断念しました

 

佐藤琢磨選手といえば

2017 年にインディ500 の優勝マシン

何度か見たことありますが、最近の F1 に比べ空力的にシンプルなマシンですよね
F1 が凝り過ぎなんでしょうが

あとはヘルメットや優勝トロフィー

そしてインディ500の優勝リング!!!

光がスポットで当たっているので、写真はきれいに撮れてません・・・

 

中上貴晶選手のものは レーシングマシン

これ Moto2 かな? MotoGP かな?

あとはヘルメットとトロフィー

 

そして 3 人のレーシングスーツの展示も

やはり佐藤琢磨選手が一番小さいかな?

中上貴晶選手はさすがにバイクなのでゴツいですね

室屋義秀選手は、シューズがつまらない(失礼!)ですねぇ・・・

 

佐藤琢磨選手と中上貴晶選手は、来年の活動が決まっているものの、室屋義秀選手はどうするんでしょうね?

今回は、言及どころか匂わせる雰囲気さえありませんでした

2020 年はエアショー中心になるのかな?

 

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村