撮影に適したレンズ

以前にも書きました私の所有カメラ → コンデジから一眼レフへ

過去2年はコンパクトデジカメでしたが、限界を感じて一眼レフへ

今回写真をいろいろ撮ってみて、どんなレンズが必要か考えてみました

私のカメラはCANONのAPS-Cなので、焦点距離は35mm換算すると1.6倍になるはずです

まず幕張会場で撮影する場合

主に撮影で使ったのは CANON EF100-400mm (35mm 換算で 160-640mm) です

これは400mm (35mm換算640mm) での撮影

同じく400mmでも上空に上がられてしまうと、だいぶ小さくなります

300mm (35mm換算480mm) だとこれぐらい

130mm (35mm換算208mm) まで引くとだいぶ小さくなります

エアレースで、パイロン間を飛んでいる飛行機を撮影したいのであれば、 CANON EF-S 100-400mm は使い勝手の良いレンズだと思いました

ただアクロバットも撮りたいとなると、400mm だと辛く 600mm (35mm換算960mm) とか欲しくなりますね

つぎに浦安での撮影

ここはハンガーが目の前なので、比較的短めのレンズが有用かとは思います

こちらではEF-S 18-55mm (35mm換算28-88mm), EF 100-400mm (35mm換算160-640mm) 両方を使用

これは18mm (35mm換算28mm)

少し寄って35mm (35mm換算56mm)

55mm (35mm換算88mm)

100mm (35mm換算160mm)

115mm (35mm換算184mm)

400mm (35mm換算640mm)

機体の一部をアップで撮りたいのであれば、400mmクラスが必要ですが、全体の情景やある程度機体全体が撮りたいのであれば、EF-S 18-55mmではちょっと望遠側が足りなかった

広角側が20mm前後が情景も取れるので良い
望遠側は100mm超えが合ったほうが、機体をある程度アップにできるので良さそうです

となると CANON では EF-S18-135mm ぐらいのサイズが最適だったのかもしれません

実際に、私の使っている EOS 70D や最新の EOS 80D/9000D など CANON の今の APS-C ラインナップに、レンズキットで EF-S18-135mm があるんですね

私が購入したとき、焦点距離が重ならないように EF-S 18-55mm, EF 100-400mm の2本を選びました

実施のところ、短い方はちょっと失敗だと思ってます
EF-S18-135mm を追加で買っちゃおうかな・・・・

これ買うと、18-55が不要になるの・・・・・か?

長い方は、小型機を撮るには望遠側がちょっと弱い

ただ、これ以上になると CANON では単焦点のため使い勝手が悪いので、 TAMRON や SIGMA の 150-600mm が候補に上がってきます

どちらも今のレンズに比べ、長さがだいぶ長くなるので、かばんに入らなくなるのも問題

買うとなると、痛い出費だなぁ

この記事が気に入ったら、ポチッとしてください

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする